THINKING LIVE シンキングライブ

シンキングライブは経済情報サイト
矢野雅雄が運営しています。

楽天は19日、ドバイのライドシェアVB、カリームに出資100億円超、サウジテレコム、300億円超、

2016年12月20日 15時55分33秒 | thinklive

*中国では⑴,2位のライドシェア企業が統合した、国レベルではライドシェアは寡占化傾向の強い産業領域となりそうである、

楽天株か 1,164.5前日比+17(+1.48%)

チャート画像

楽天は19日、スマホを介した自動車の相乗りサービスを手がけるドバイのベンチャー企業、カリームに出資することで合意したと明らかにした。金額は1億ドル(約117億円)前後とみられる。個人の運転手と乗客の仲介サービスを展開する。スマホを使う配車サービスの市場は世界で急拡大しており、成長が見込めると判断した。

 カリームは同日、楽天とサウジアラビアの通信大手サウジ・テレコム・カンパニーの2社を中心に3億5000万ドル(約410億円)の資金を調達すると発表した。

 カリームは11カ国47都市でライドシェアのサービスを展開。15万人の運転手を抱え、600万人の利用者がいる。支払い方法や位置情報システムなどを自社開発しており、中東圏の消費者に支持されている。

 楽天は「純投資が目的」としており、現時点で日本でライドシェアのサービスに乗り出す予定はないという。 楽天は2015年3月にライドシェアの米リフト(カリフォルニア州)に3億ドル(約360億円)を出資。その後、同社に追加出資したほか、スペインの同業のキャビファイにも資金を投じている。

 ライドシェア企業は世界各地で急成長している。ホンダが今月、東南アジアの大手グラブ(シンガポール)に出資するなどIT(情報技術)以外の業界からも注目度が高まっている。一方、日本では制度設計の議論が進んでおらず、米ウーバーテクノロジーズなどの大手も本格的なサービス展開が実現していない。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カルビー,はグラノーラ(フル... | トップ | 伊藤忠、中国の最大手、コン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む