THINKING LIVE シンキングライブ

シンキングライブは経済情報サイト
矢野雅雄が運営しています。

英、ジョン・ウッドG,英のエンジニアリング大手エイメックフォスター買収、GEはその、ジョンウッドの油井支援サービス買収

2017年05月06日 08時37分43秒 | thinklive

*原油採掘部門を含め,石油業界全体の垂直統合化が進み、最近では,周辺のサービス部門の買収が活発である、米トランプ政権の環境規制の撤廃が進行する気配で、目先、買収での,シナジーを追求する動機が活発になっている、

【フランクフルト=加藤貴行】英油田サービス大手のジョン・ウッド・グループは13日、英エンジニアリング大手のエイメック・フォスター・ウィーラーを買収すると発表した。買収額は22億2500万ポンド(約3110億円)。世界の石油大手はサービス会社へのコスト削減圧力を続けており、ウッド・グループは買収で年1億1千万ポンドのコストを圧縮する。石油業界への依存度を下げる狙いもある。

 買収は株式交換で実施し、エイメック1株に対しウッド・グループ0.75株を割り当てる。先週末10日のエイメックの株価に15%上乗せした水準になる。

 ウッド・グループは北海油田の前線基地にあたるスコットランドのアバディーンが拠点で、収益の大半が石油関連。特に英領北海は2014年からの原油安で英BPや英蘭ロイヤル・ダッチ・シェルなどメジャーが投資を大幅に絞り込み、環境は厳しい。

 一方、エイメックは米国のシェール関連にも食い込むほか、再生可能エネルギーの施設建設など石油以外にも事業領域を広げている。14年の原油安になる前にエイメックが旧フォスター・ウィーラーを買収し、負債を抱えていた。

 ウッド・グループのイアン・マーチャント会長は同日、買収により「規模をより大きくして能力を高め、石油ガス、化学、再生エネ、環境インフラ、鉱業分野に多様化できる」と述べた。

[ニューヨーク 13日 ロイター]

GEは、英エネルギーサービス企業GE

 両社が13日発表した。GEは石油サービスでのプレゼンス拡大を目指しており、昨年12月には石油・ガス開発向けパイプライン製造を手掛けるウェルストリーム・ホールディングスを13億ドルで買収した。

 2008年には圧力コントロールのハイドリルを11億ドルで買収、07年は油田・天然ガス田の掘削機器会社ベトコ・グレイを買収した。 GEは最近、メディア部門を売却したほか、金融部門のGEキャピタルを縮小するなど、重工業への傾斜を強めている。GEは、向こう数年間で、買収に最大で300億ドルを投じる可能性がある、としていた。 

 GEエナジーのクレニッキ最高経営責任者(CEO)は、電話インタビューで、今回のジョン・ウッドの部門買収について、第2・四半期末までに完了すれば、2011年の収益に「小幅に貢献する」と述べた。

 
 
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中国製商用航空機ARJの搭乗経... | トップ | アップル、トランプ政権の,海... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

thinklive」カテゴリの最新記事