THINKING LIVE シンキングライブ

シンキングライブは経済情報サイト
矢野雅雄が運営しています。

中国のファンド、復星集団、ロシアの金採掘最大手ポリュス・ゴールド乃株10%取得、中国派最大の金消費市場

2017年06月02日 07時56分44秒 | thinklive

 【上海=小高航】中国のファンド、復星集団は、ロシアの金採掘最大手ポリュス・ゴールドに出資することで同社と合意した。8億8700万ドル(約980億円)を投じ、ポリュス株の10%を取得する。世界最大の金消費国である中国の需要を共同で取り込む。

 復星集団の香港上場子会社である復星国際とその採掘子会社がコンソーシアムを組み、ポリュスに投資する。年内の手続き完了を目指す。復星国際はポリュスに取締役を派遣するほか、1年以内にさらに5%を買い増すオプションも設定した。

 ポリュスは調達した資金で金鉱山の開発などを進める。復星集団の発表資料によるとポリュスが保有する金埋蔵量は2015年末時点で約2千トンと世界4位。欧米メディアによると、クリミア編入を巡るロシアへの経済制裁が続くなか、ポリュスは中国への販路拡大を狙い中国企業からの出資を模索していた。

 金の調査機関、ワールド・ゴールド・カウンシル(WGC)の調べでは、16年の金の世界需要は前年比2%増の約4300トン。このうち宝飾品向けは約2千トンで中国が3割を占める最大の需要国だ。中間所得層の増加を背景に今後も堅調に推移するとみられ、復星集団は今回の出資で金関連事業を強化する、*日経

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  村田製作所はイタリアのソ... | トップ | アイリス、韓国に小型家電新... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

thinklive」カテゴリの最新記事