THINKING LIVE シンキングライブ

シンキングライブは経済情報サイト
矢野雅雄が運営しています。

イオン、シニア向け業態開発,18/2期二12店舗、来期以降も年間10数店舗を業態転換する

2017年08月13日 15時08分13秒 | thinklive

*高齢者の消費の縮小を抑制するために、イベントでカバーする、という発想だとすれば、それは地域内の消費の集中、あるいは寡占化以外にないように思われる、それも人口減少というベース消費の縮小をカバーは出来ない、社会を人口維持型へ変えることが不可欠の選択だとボク派おもう、

イオン株価  1,697.5前日比+10(+0.59%)

1株利益17.89 配当30

チャート画像

 

 イオンは2025年までに、全国100カ所以上にシニア向け大型店を設ける。巡回バスなど来店しやすい仕組みを盛り込むほか、ステッキや老眼鏡などの商品も充実させる。開業から20年以上が過ぎた店を中心に改装を進め、一部新店もシニア型にする。対象店舗数は大型スーパーの約4分の1から5分の1にあたる。

 グループの中核企業イオンリテールが設置を進める。これまで葛西店(東京・江戸川)やイオンスタイル茨木(大阪府)など4店舗で実験を進めてきた、18/2期までに12店舗程度、来期以降も年間10数店レベルで拡大、習い事の発表会をホボ内日開催、実験店舗で健康に効果がある食品の試食を為たところ、売り上が通常の100倍から1000倍になった商品もある、減塩食品などの試食も積極化する、杖や老眼鏡の扱いも増やす、

17/3期の連結営業利益が過去最高の、340億円だった、ただし、売り上の4文の1から、5分の1を占めるGMS事業は67億円の営業赤字であった、

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 青山商事,紳士服最大手チェー... | トップ | スカイラーク、4~6期は税前... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む