THINKING LIVE シンキングライブ

シンキングライブは経済情報サイト
矢野雅雄が運営しています。

ヤマハ、中国でアコースティックギターが好調、ピアノに次ぐ中国音楽市場の大衆化.個人化進行

2016年11月08日 10時26分42秒 | thinklive

*中国は最古の文明国、最大の音楽市場へ発展する、

株価推移 3,555前日比-180(-4.82%)

1株利益260.80 配当80

チャート画像

中国でギタリスト増加中――。ヤマハが7日発表した2016年4~9月期の連結決算は、営業利益が前年同期比16%増の246億円と5期連続の増益となった。中国や欧州でピアノやギターがよく売れた。値上げも奏功し、円高による採算悪化を吸収した。

 主力の楽器事業と音響機器事業の営業利益は、それぞれ過去最高を記録した。とくに「中国でアコースティックギターが好調だったのは意外だった」(山畑聡取締役)という。ヤマハ製のピアノになじんだ中国の子供が成長し、今度は同社のギターを欲しがるケースも多いようだ。

 子会社が運営する「ヤマハリゾートつま恋」(静岡県掛川市)の閉鎖で約50億円の特別損失を計上純利益は272億円と56%伸びたが、従来予想(315億円)より少なかった。17年3月期の営業利益は前期比3%増の420億円とする予想を維持した。円高は逆風だが、年末商戦でも好調なギター販売を見込む

*ヤマハ,11年度、売り上構成、

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三菱商事、不動産ファンド、... | トップ | ヤマハの海外音楽教室,40ヶ国... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む