THINKING LIVE シンキングライブ

シンキングライブは経済情報サイト
矢野雅雄が運営しています。

日本アジアG傘下,JAG国際エナジー、北海道白老町に1300kwのメガソーラ、kw36円で北海道電力に買電、

2017年08月10日 13時14分08秒 | thinklive

日本アジアグループ傘下のJAG国際エナジー(東京都千代田区)は8月3日、北海道白老郡白老町においてメガソーラー(大規模太陽光発電所)を竣工したと発表した。

 発電所名は、「白老ソーラーウェイ」。民間の所有する約2万4000m2の遊休地を活用して、出力約1.3MWの太陽光発電所を設置した。年間の計画発電量は一般家庭約420世帯の電力消費量に相当する。発電した電力はすべて北海道電力に売電する。

 設計・施工と竣工後のO&M(運営・保守)は、JAG国際エナジーが担当する。太陽光パネルは、インリー・グリーンエナジージャパン製の多結晶シリコン型・72セル/枚タイプを設置した。パワーコンディショナー(PCS)は、東芝三菱電機産業システム(TMEIC)製を採用した。

*JAGは5月末時点で、全国57ヶ所仁、合計10万3000kwの発電所を持つ、今回の発電は全量北海道電力に、36円/1kwat買電する、

 積雪対策として、太陽光パネルの設置角は30度に取り付け、パネル上に積もった雪を滑り落ちやすくした。日本アジアグループは、「地域特性にあわせた太陽光発電所を開発するとともに、地域住民とメガソーラー施設を活用した地域づくり、まちづくりに取り組んでいきたい」としている。

日本アジアグループ株式会社は、東京都千代田区に本社を置く純粋持株会社である。グループ傘下には約80社の連結子会社を保有し、空間情報コンサルティング事業及びグリーンエネルギー事業などを展開している。

2012年4月1日に、傘下の中間持株会社の国際航業ホールディングス株式会社を株式交換により完全子会社化するグループ内組織再編を行った。これにより持株会社機能を集約し、日本アジアグループ株式会社がグループ全ての事業を統括する体制に改編した。2015年7月1日には、中間持株会社であった日本アジアホールディングズ株式会社および国際航業ホールディングス株式会社の子会社管理事業等を、日本アジア証券株式会社および国際航業株式会社に移管した上で、中間持株会社を吸収合併した。

市場情報
東証1部 3751
2004年10月8日上場
本社所在地 日本の旗 日本
102-0085
東京都千代田区六番町2番地
設立 1988年3月
業種 情報・通信業
事業内容 持株会社
代表者 代表取締役会長兼社長 山下哲生
資本金 39億94百万円(2015年3月現在)
発行済株式総数 27,648,880株
売上高 連結759億円(2015年3月期)
営業利益 連結53億円(2015年3月期)
純利益 連結37億円(2015年3月期)純利益率4.8%
純資産 連結273億円(2015年3月期)
総資産 連結1,218億円(2015年3月期)
従業員数 連結3,072名(2015年3月)
決算期 3月31日
主要株主 藍澤證券 12.47%
Japan Asia Holdings Limited 9.49%
(2015年3月)
主要子会社 国際航業
外部リンク http://www.japanasiagroup.jp/
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三井物産、モンサントから麦... | トップ | NTTファシリテのメガソーラ、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

thinklive」カテゴリの最新記事