THINKING LIVE シンキングライブ

シンキングライブは経済情報サイト
矢野雅雄が運営しています。

サウジのカタール断交はカタールとイランの断行要求をカタ-ルが拒否したこと、サウジ側の無法?

2017年07月13日 19時08分39秒 | thinklive

*ホトンドのメディアがカタ-ルの断行理由を過激派の支援と報道しているが、この場合の過激派はイランなのである、対岸のイランとは.カタールの生命であるガス田も接続、イランとの友好関係は生命線である、それを断交しろとは、無理難題である、が、イランと敵対するサウジはそれでは、王国の維持が不安である、サウジが資金支援をうけるエジプト軍事政権が同調するのは自然の成り行き、

【7月10日 AFP】サウジアラビアなどアラブ諸国から国交断絶を宣言されて1か月を迎えたカタールは9日、周辺諸国による「封鎖」で生じた損害の補償を求める委員会を設置したと発表した。損害額は数十億ドルに上る可能性があるとしている。

 カタールのアリ・ビン・フェタイス・マリ(Ali bin Fetais al-Marri)検事総長によると補償請求委員会(Compensation Claims Committee)は、カタール航空(Qatar Airways)など大企業や、断交によって国外退去になった学生が被った損害に対処していくという。

 首都ドーハ(Doha)で記者会見したマリ検事総長は「公的機関、民間企業から個人まで、あらゆる訴えを委員会は受理する」と述べた。国内のみならず、仏パリ(Paris)や英ロンドン(London)など国外からも訴えを提起できるという。

 サウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)、バーレーン、エジプトの4か国は先月5日、カタールが過激主義を支援しているとして断交に踏み切り、カタール駐在の外交官を本国に召還するとともに、自国内のカタール国民に対し14日以内の国外退去を命じた。(c)AFP

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 93才の介護ダイアリー、夜中3... | トップ | 森トラスト、マリオットの最... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む