THINKING LIVE シンキングライブ

シンキングライブは経済情報サイト
矢野雅雄が運営しています。

中国、中型国産中型旅客機「C919」の初飛行に成功.国内で既に受注済み、570機、米、欧の「型式証明」が次の課題、

2017年05月05日 20時29分47秒 | thinklive

*中国ベースのアジア及び自国内の受注で事業成立の市場規模が存在する、米欧の型式証明が無ければ,航空機事業が成立しない重工との決定的なチガイ、

【上海=張勇祥】中国は5日、開発中の国産中型旅客機「C919」の初飛行に成功した。当初は12年の完成を見込み、16年に1号機を引き渡す計画だったが、数年遅れで開発の節目にこぎ着けた。将来的には米ボーイングや欧州エアバスの競合機より4~5割も安い価格を武器に、両社の牙城を切り崩したい考え。16年に国内線で就航した小型機「ARJ21」では果たせなかった国際市場への進出に改めて挑戦する。

飛行試験用の1号機が5日午後2時(日本時間午後3時)、上海の浦東国際空港を飛び立ち、午後3時20分ごろ着陸した。初飛行の様子は国営中央テレビが中継。4月に進水した初の国産空母や宇宙補給船「天舟1号」による燃料補給などと並ぶ国家プロジェクトであることを強調した。C919はすでに国内航空会社やリース会社から570機を受注している。一般に採算ラインとされる400機を超えており、世界2位の経済規模を持つ中国市場の恩恵を受けている。

 中国にとって次の目標はボーイング、エアバスが寡占する航空機市場への挑戦だ。C919の座席数は150~170ほど。ボーイングの「B737」、エアバス「A320」がライバルになるが、「新鋭のエンジンを搭載するなど、機体の性能差は大きくないと考えられる」エンジンだけでなく、操縦用電子機器など多くの欧米製部品を採用している。一方、1機当たりの価格は5000万ドル(約56億円)とされ、カタログ価格で1億ドルほどの競合機より大幅に安い。発注条件や交渉で価格差は縮小するとみられるが、価格だけをみればC919の優位性は大きい。

 初飛行を果たしたC919にとって次の難関は米連邦航空局(FAA)や欧州航空安全局(EASA)から「型式証明」をいかに取得するかだ。事実上の世界基準であるFAA、EASAのお墨付きがないかぎり、世界の航空会社の多くは購入を見送るのが航空業界の実情だ。16年に商用運航を果たしたARJ21はFAAの型式証明を取得できておらず、海外からの受注はアフリカやアジアなど中国と親密な一部国家に限られている。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 米企業、自動車部品に関する... | トップ | 中国の最初の商用飛行機,ARJ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

thinklive」カテゴリの最新記事