THINKING LIVE シンキングライブ

シンキングライブは経済情報サイト
矢野雅雄が運営しています。

、中国、長安汽車16年、販売台数300万台トッパ、販売台数3位、自主ブランド1位、

2017年02月13日 15時42分18秒 | thinklive

*中国の大手自動車メーカーはエコカーに注力、長安汽車の研究員は7000人超、25年までに180億元を投入、電気自動車などに34車種を発売、累計200万台を発売する、

* 中国四大自動車集団の一つ、販売台数3位である「中国長安汽車集団股份有限公司」は、自動車製造/販売、エンジン製造、部品製造、貿易/サービスの提供などを包括しているグループ企業である。

 そのうち、自動車製造を行う傘下企業の一つ「重慶長安汽車集団股份有限公司」は、自主ブランドの製造を行うとともに、複数の外資と合弁を結んでおり、中国国内で自主ブランドで急成長をしている自動車メーカーである。

 長安汽車グループの前身は、1862年に創立の「上海洋炮局」で、その後「長安機器製造厰」を経て、現在の長安汽車グループとなっている。なお、「中国長安汽車集団股份有限公司」は軍需産業の一翼を担う「中国南方工業集団」の子会社である。

 長安汽車グループの自動車販売台数(工場出荷台数)は、2010年は約229.8万台であったが、2011年-2012年は、200万台を下回った。要因として、2011年は微型バンの販売減、2012年は反日の影響による合弁先の日系メーカーの販売の伸び悩みが挙げられる。なお2013年以降は、順調に販売台数を伸ばし、2014年は250万台を突破。2015年で約279万台となり中国市場第4位となった。16年は300万台をトッパ、

 2016年上半期(1月-6月)の販売台数は、CS75、CS35などのSUVモデルや欧諾 (Honor)や欧尚 (Oushang)などのMPVモデルが、それぞれのセグメントでTop10に入り販売台数を伸ばし約149万台を達成。その結果、第一汽車グループを抜いて第3位メーカーとなった。2016年通年では、グループ全体で295万台の販売目標を掲げている。

 長安汽車グループは、2012年11月の創立150周年イベントで、2020年にグループ全体で目標販売台数600万台、そのうち自主ブランドの割合を60-70%とする旨の宣言をした。しかし、その後2015年に下方修正し、現時点では2020年にグループ全体で目標販売台数を450万台、うち自主ブランドを247万台と設定している。

 2025年はグループ全体で600万台とし、うち自主ブランドで340万台の販売目標を掲げ、自主ブランドにおいて世界Top10入りを目指す方針。*日経

広州汽車グループの販売台数


 長安汽車グループにおける主なグループ企業の相関関係図(%は出資比率)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東映の映画事業、版権事業ヒ... | トップ | 大和ハウス工業,17/3期、純利... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

thinklive」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事