THINKING LIVE シンキングライブ

シンキングライブは経済情報サイト
矢野雅雄が運営しています。

冨士フィルム、バイオ医薬品の受託製造、16/3期300億円、24/3期に1000億円にUP計画

2017年04月29日 16時58分17秒 | thinklive

冨士フィルム株価 4,134前日比-17(-0.41%)

1株利益250.16 配当70

チャート画像

富士フイルムは18日、バイオ医薬品の受託製造事業で米国と英国に持つ生産・開発拠点を増強すると発表した。投資額は約140億円米国では培養タンクの容量を従来比7割増の1万4000リットルにする英国では生産手法を開発する施設を増設する。バイオ薬は安定生産が難しいことから製造を委託する動きが広がっている。

 30億円で容量2000リットルのタンクを3基導入する。18年初めに稼働する。英子会社フジフイルム・ダイオシンス・バイオテクノロジーズUK(ビリンガム)は10億円で開発拠点を増強し、17年夏に稼働する。

 富士フイルムは16年、米製薬大手メルクがアイルランドに持つ容量2万リットルのバイオ薬生産設備を18年から借り受ける契約を結んだ。18年時点で富士フイルムが持つタンク容量は現在の2倍にあたる約5万リットルになる。生産能力の増強をテコにバイオ薬受託製造事業の売上高を15年度の300億円程度から23年度に1000億円に引き上げる。

 バイオ薬は従来の薬より高い効果が見込め、副作用が少ないことから需要が伸びている。

 英調査会社エバリュエートファーマによると世界のバイオ薬の市場規模は15年に1840億ドル(約20兆円)で、20年に2900億ドルに成長する。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本の大卒初任給の低レベル... | トップ | サウジ、公務員給与の引き下... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

thinklive」カテゴリの最新記事