THINKING LIVE シンキングライブ

シンキングライブは経済情報サイト
矢野雅雄が運営しています。

SBエナジー、潮来で1.7MWのメガソーラ稼働、米の再生エネ事業のインペナジーと福島、長野ででメガソーラ開設、

2017年04月21日 19時38分34秒 | thinklive

ソフトバンクグループの再生可能エネルギー発電事業者であるSBエナジー(東京都港区)は1月5日、茨城県において、出力約1.7MWのメガソーラー、「ソフトバンク潮来ソーラーパーク」が営業運転を開始すると発表した。

 潮来市新宮にある、敷地面積が約2万3000m2の私有地を用地とした。1月10日に売電を開始する。

 年間発電量は、一般家庭約519世帯分の消費電力に相当する、約187万2000kWhを見込んでいる。

 設計・調達・工事管理は、SBエナジーが担った。自社で設計・調達・工事管理を担当した初めての発電所となった。 太陽光パネルはトワダソーラー(秋田県鹿角市)製、パワーコンディショナー(PCS)は台湾デルタ電子製、架台は日栄インテック(東京都荒川区)製を、それぞれ採用した。

米の再生エネ事業のインペナジーが福島、長野ででのメガソーラ開設にSPC、

インペナジーが福島市、長野県小梅町の2ケ所でメガソーラ開設、そのタメに設立した、SPC2社にSBエナジーがそれぞれ40%を出資する、

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« SBエナジーは三菱UFJリースの... | トップ | 93才の介護ダイアリー,昼の介... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む