THINKING LIVE シンキングライブ

シンキングライブは経済情報サイト
矢野雅雄が運営しています。

米、カーライル、仏トタルから子会社特殊化学品事業を買収、EBITDAの11.9倍32億$で買収

2016年10月13日 09時38分14秒 | thinklive

7日の発表資料によると、売却額はアトテックの15/12期の調整後EBITDA(償却控除前利益)の11.9倍。今後は従業員代表への通知プロセスや関連する反トラスト当局の承認などが必要になるという。*Bloomberg

【フランクフルト=加藤貴行】仏石油大手トタルは7日、特殊化学品子会社アトテックを米投資ファンドのカーライル・グループに32億ドル(約3330億円)で売却すると発表した。トタルは原油安が長引く中、2017年末までに総額100億ドルの資産売却を計画し、アトテックは非中核部門と位置づけ、売却先を検討していた。

 アトテックは金属の表面処理に強く、半導体や自動車などが主な顧客。欧米アジアに合計18カ所の生産拠点を持ち、15年の売上高は10億ユーロ(約1150億円)だった。アトテックはカーライル傘下でアジアなどでの事業を拡大する方針。

 化学品業界では世界規模での再編が続いている。カーライルがアトテックの企業価値を高めた後の出口戦略によっては、さらなる再編の引き金になる可能性もある。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 福島のLNG火力、120万kw... | トップ | 宇部興産、スペイン工場でナ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む