THINKING LIVE シンキングライブ

シンキングライブは経済情報サイト
矢野雅雄が運営しています。

中国、コングロ大手、復星集団、独、富裕層向け金融サービス、ハウク.andアウフホイザー買収

2016年09月18日 13時18分52秒 | thinklive

*まだ若い企業だが、欧州の富裕層に金融サービスが可能になった、仏の地中海クラブ,METを買収している、

*買収した企業相互のシナジーが生まれる環境が出現している、新しい買収案件の浮上へ

復星集団(中国の民営投資会社) 富裕層向けの金融サービスを手掛けるドイツのハウク・アンド・アウフホイザー(H&A)を約2億1000万ユーロ(約240億円)で買収したと発表した。欧州での資産管理事業を拡充する。

 復星集団の香港上場子会社、復星国際がH&A株の99.9%を取得した。復星国際は昨年、H&A株の約8割を複数の株主から取得する計画を発表し、このほど残りの株式も含めほぼ全株の買収手続きを終えた。

 H&Aは1998年発足のプライベートバンク(PB)で、富裕層向けの投資助言や資産運用業務などを手掛ける。復星集団は保険事業を中核に個人の資産管理サービスなどを強化している。(上海=小高航

 

【上海=小高航】中国の民営投資会社、復星集団(上海市)は英国のサッカークラブ「ウルバーハンプトン」を4500万ポンド(約60億円)で買収した。中国の家電量販大手が6月にイタリアの名門「インテル・ミラノ」を買収するなど、中国企業による欧州サッカークラブの買収が相次いでいる。

 

 ウルバーハンプトンの発表や英メディアによると、復星集団の香港上場子会社、復星国際が旧オーナーのスティーブ・モルガン氏から同クラブの全株式を取得した。ウルバーハンプトンは1877年創設で、現在はイングランド2部リーグに属している。

 

 復星集団は昨年、北海道の「星野リゾートトマム」を取得するなど、娯楽や余暇ビジネスへの投資を積極化している。

 

 欧州のサッカークラブを巡っては、6月に家電量販大手の蘇寧雲商集団(江蘇省)がインテルを2億7千万ユーロ(約310億円)で買収。インテルと同じセリアAの名門「ACミラン」も中国の企業連合が買収を目指している。

 

上海復星医薬(集団)

 

600196:CH SHANGHAI

 

23.20 CNy  0.02  0.09%

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キリン、ブラジルキリンの再... | トップ | インド携帯企業の、4,5位が統... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

thinklive」カテゴリの最新記事