THINKING LIVE シンキングライブ

シンキングライブは経済情報サイト
矢野雅雄が運営しています。

昭和電工、タイの飲料企業と合弁で、アルミ缶工場、年間10億本、を建設、海外工場は2国目、

2017年03月30日 10時51分23秒 | thinklive

*飲料生産者との合弁で飲料生産の垂直業態の構築が出来る、国内ではチョット出来ないことだが、海外だから出来る、

バンコク=小野由香子】昭和電工はタイで現地飲料大手のカラバオ・グループと組みアルミ缶工場を建設する。カラバオが中国やカンボジアなどに輸出するエナジードリンク「カラバオデーン」のアルミ缶を生産する。軽くて輸送費が安いアルミ缶を使い輸出を増やしたいカラバオと、成長が見込めるアジアでの事業を探っていた昭和電工の狙いが一致した。

 昭和電工の子会社、昭和アルミニウム缶(東京・品川)が26%、カラバオが74%出資する合弁会社の設立に合意した、総投資額は22億バーツ(約73億円),工場はバンコク近隣のチャチェンサオ県、生産能力は年間10億本、18年中の稼働を目指す、電工の海外工場はベトナムに続く2件目、本年2月にベトナムで2ヶ所にアルミ缶工場之建設を発表、

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本紙業、子会社之草加紙パ... | トップ | 中国,BYD,16/12期の純利益、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

thinklive」カテゴリの最新記事