THINKING LIVE シンキングライブ

シンキングライブは経済情報サイト
矢野雅雄が運営しています。

ヤマダ電機、住宅会社ウッドハウス、今期営業黒字化、5億円程度、4~6期、経常利益率、1.9%

2017年08月21日 15時37分49秒 | thinklive

株価推移 582前日比-2(-0.34%)

1株利益58.40 配当17

チャート画像

ヤマダ電機は18年3月期に、住宅事業を手掛ける連結子会社のヤマダ・ウッドハウスの営業損益を黒字化させる計画だ。黒字は5億円程度で、前期より15億円ほど損益が改善する。展示場の新設などの先行投資が前期までで峠を越えたうえ、今期は受注件数が伸びている。 上場子会社のヤマダ・エスバイエルホームの営業損益も2期ぶりに黒字になる見通し。家電量販に次ぐ第2の柱と位置付ける住宅事業で、主要子会社の損益がそろって上向く、

ヤマダ電機の17年4~6月期の連結経常利益は、前年同期比2割増の70億円強となったようだ。同期間として5年ぶりの高水準となる。利幅の厚い白物家電の販売が伸びた。船井電機から独占供給を受けるテレビの新製品も好調だった。為替の円安を受けて前年同期に計上した為替差損もなくなった。売上高は微増の3650億円前後となったもよう。経常利益率は、1.9%、需要が減少傾向だったAV機器は販売が持ち直した。パソコンはタブレット端末…

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« インド新車市場7月14.9%増、... | トップ | 7月の日本製半導体製造装置の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

thinklive」カテゴリの最新記事