THINKING LIVE シンキングライブ

シンキングライブは経済情報サイト
矢野雅雄が運営しています。

ペインキャピタル、アサツウディケイのTOB成立、87.05%の株式取得、

2017年12月08日 15時11分11秒 | thinklive

米投資ファンドのベインキャピタルは、国内広告3位のアサツーディ・ケイ(DK)に対し実施したTOB(株式公開買い付け)の結果、87.05%の株式を取得したと発表した。取得総額は約1326億円。アサツーDKのデジタル領域などでの成長を支援する予定だ。

 ベインは10月3日から12月6日まで1株3660円でTOBを実施した。アサツーDKの筆頭株主である広告世界最大手の英WPPが反対したことから、アサツーDK株価は提示価格を上回る局面もあったが、TOB期間中に第三者による対抗案が現れず、WPPも最終的にベインのTOBを受け入れた。13日付で筆頭株主が異動する。TOB成立を受けてアサツーDKは上場廃止となる見通し。
  ベインはTOB成立後にデジタル関連やコンテンツビジネスで積極投資を行う計画。同社はこれまでに日本国内でネットマーケティングなどを手掛けるマクロミルなどに投資しており、培ってきたノウハウをアサツーDKの成長に生かす方針だ。
  国内広告最大手の電通によると、日本の2016年の総広告費は6兆2880億円で、前年比で1.9%伸び、5年連続で前年を上回った。特にインターネット広告費の伸びが顕著で、前年比で13%伸びている。
Our clients outperform the market 4 to 1
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オフイス、空き室不足続く、1... | トップ | 輸入車販売好調1~11月、27万4... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

thinklive」カテゴリの最新記事