THINKING LIVE シンキングライブ

シンキングライブは経済情報サイト
矢野雅雄が運営しています。

英、仏政府のガソリン車禁止,EV主体政策は石油余剰時代に、仏は原発依存も引き下げる!

2017年08月21日 07時54分53秒 | thinklive

*現在、200万台のEVは35年には1億台に増える、それで失われる石油需要は300~400万bareru/day、1日1億バレルの石油需要の3~4%に過ぎない、問題はそうではなくてエネルギーの全体のバランスが再生エネ中心に変わってゆく、と言う点なのだ、

* 日本でも再生エネ発電が発電量の2割を占めるようになった、40年よりも、もっと早い時期にEV乗時代が来るであろう、石油は過剰となり、価格面下がる、石油寡占の寡占部分の利益分は無くなる、サウジにとってSB乗10兆円ファンドは救助船であったわけ、石油資本の過剰投資資金が引き上げられて、糖分金融緩和時代は続く、

【パリ=白石透冴】フランスのユロ・エコロジー相は6日記者会見し、地球温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)の排出を抑えるため、2040年までにガソリン車とディーゼル車の販売を国内でやめる方針を明らかにした。世界の自動車メーカーは既に電気自動車などの開発を急いでいるが、対応の加速を今後迫られる可能性がある、

ユロ氏は「厳しい決断だが、これが真の改革だ」と述べた。具体的な行程は明らかにしなかったが、環境負荷の少ない自動車の購入に補助金を出すなどして、世代交代を促すという。「インドも30年までに同じ規制を実施する考えだ」と他国の例を紹介した。22年までに石炭由来の発電をやめることや、25年までに現在7割超の原発依存度を引き下げる目標の維持も発表した。達成には原発数基を止める必要があるとされる。

 地球温暖化問題を巡っては、トランプ米政権が対策の国際的枠組み「パリ協定」の離脱を決めている。各国の協定署名に尽力したフランスは自ら高い目標を掲げることで、温暖化対策の分野で世界を主導する狙いもあるとみられる。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世界の時価総額リスト、中国... | トップ | 国内チーズ消費量増加傾向、9... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

thinklive」カテゴリの最新記事