THINKING LIVE シンキングライブ

シンキングライブは経済情報サイト
矢野雅雄が運営しています。

2459号、商船三井に次いで、日本郵船フィリピンに商船大学、企業の教育グローバル化

2007年07月07日 12時23分10秒 | thinklive
生産、販売から、技術、システム教育機関の移植が拡大、日本の未来が掛かる、
産業の全分野で進展する、国はODAを含めて教育の世界化を支援すべきだ、

商船三井のフィリピン船員養成施設の拡張

現在の商戦三井の船隊、500隻の要員の7割がフィリンピン人、現在、1万人が在籍、今後の経営計画の、750隻の船隊拡大の為の要員として、1.5万人をフィリピン人で確保する必要がある、市場グローバル化の対策も要員の教育、訓練が最優先課
MOLトレーニングの正式名称「マグサイサイインスティチュートオブシッピング」、1993年設立、これまで2000人が卒業、”集団生活に慣熟して、質の高い船員の確保に繋がる」自社施設として持たなければ、船員の確保が出来ない、入所者は短期大学相当の現地の商船学校の卒業者、卒業生の内、1000人が商船三井グループに勤務、内300人が幹部候補生、新人養成人数を200名から、240名に増枠、敷地を2.8万屬ら3.14万屬乏搬隋⊃年以内には船長、機関長クラスが誕生する、1日の訓練はフィリッピン国旗の掲揚、フィリピン国家の斉唱から始まる、
インドにおける船員教育施設強化:Mitsui OSK Maritaime(India)Pvt Ltd、
年間220名の受講生体制を、350名の収用規模に拡大、オフィススペースも2倍、930屬乏搬隋,LNG荷役シュミレーター、タービン機関シュミレーター、,LNGカーゴパネルパイピングを導入した、自動車専用船、LNG運航技術、原油船運航技術コ−ス、コンテナ船、安全運航、緊急対応訓訓練、

日本郵船、フィリピンに商船大学、
マニラ近郊に20億円を投資建設、「NYK-TDGマリタイム。アカデミー」
教室棟、訓練棟、学生寮、9万m2、教員数,12名、初年度の学生数、120人、
応募者は20倍以上の2400名に達した、4年間の教育の後、幹部船員の資格を取得、卒業生は優先的に郵船に乗員として採用する、
日本郵船の外国人船員のうち、7割がフィリピン人、幹部船員にはインド人、東欧からの人材登用が多かった、フィリピンでは操船趣味レーたーなどの最新の教育機器の導入が遅れていたことが1つの要因、
郵船は現在の750隻の運行船を2010年には、950隻に200隻、約,27%拡大する、
外国人船員数、郵船、3500人、商船三井、3000人、川崎汽船、3500人、*日経
川崎汽船はウオールマート社から、2006年度の「オーシャンキャリアオブザイヤー」を2年連続で受賞、うウオールマートの海運物流に関しては1位の実績を挙げている、川崎汽船の07.3期は
売り上げは、15.4%増の、1兆855億円を達成したが、営業利益では,30%減益の613億円、純利益、17.5%の515億円、1株利益では,18%ダウンの76.32円となった、燃料高騰、コンテナー運賃下落のカバーができなかった、商船大学についての記載は見当たらず、



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 2458号、証券業、投信運用企業の... | トップ | 2460号、東芝の株価レベルは見直... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む