THINKING LIVE シンキングライブ

シンキングライブは経済情報サイト
矢野雅雄が運営しています。

旭硝子、バイオ医薬品の製造受託のCMCバイオロジックス(デンマーク)を約600億円で買収、

2016年12月20日 21時51分50秒 | thinklive

*株価は反騰傾向にあるが、1株利益20円台ではまだ本格回復には時間が必要、今日の下げは利確?

株価推移  820前日比-22(-2.61%)

1株利益25.96 配当18

チャート画像


旭硝子は20日、バイオ医薬品の開発製造受託を手がけるCMCバイオロジックス(デンマーク)を約600億円で買収すると発表した。同日午後、都内で記者会見した化学品カンパニープレジデントの根本正生常務執行役員は「CMCの買収により、(バイオ医薬品の)新薬の開発製造受託で2025年にナンバー1をめざす」と述べた。ライフサイエンス事業全体で、25年に1000億円以上の売り上げをめざす方針も明らかにした。

 投資ファンドなどからCMCの全株式を買い取り、17年1月にも子会社化する。CMCは動物細胞を用いたバイオ医薬品の製造受託事業に強みがあり、デンマークのコペンハーゲンのほか米国にも2カ所の製造拠点を持つ。製造方法の開発受託・代行も手掛けており、従業員は530人。

 旭硝子は2000年に微生物を用いたバイオ医薬品の製造受託事業に参入した。長らく国内での展開にとどまっていたが、今年8月にはドイツの同業を買収した。「バイオ医薬品の製造受託市場の成長は著しく、しかも欧米市場が8割を占める」(根本氏)とみて、欧米に拠点を持つCMCの買収を決めた

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ホンダの燃料電池車(FCV)「... | トップ | トランプ内閣の決定済み長官... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

thinklive」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事