THINKING LIVE シンキングライブ

シンキングライブは経済情報サイト
矢野雅雄が運営しています。

サンクゼール、米オレゴン州の果実加工工場買収、米市場へ参入、国内へも製品供給へ、垂直業態特徴、

2017年05月19日 10時10分59秒 | thinklive

株式会社サンクゼールは、長野県飯綱町に本社があるワインと食品メーカーでレストラン、売店(28ヶ所)も各地で経営している。農林水産省より、6次産業化への問題意識が高い企業として評価されている

株式会社サンクゼール(本社:長野県飯綱町、代表取締役社長:久世良三)は、 2017年4月29日に米オレゴン州にある果実加工工場の買収を完了し、米流通大手などの販売網を通じて米国市場に進出する計画を進めています。

今後は米国市場に向け、自社ブランド製品や感度の高い米国小売ブランドのOEM製品を生産販売をしながら、同時に日本市場に向け、生産輸出を行っていきます。

米国オレゴン州の良質な資源と、日本で培った食品製造技術を最大限に活かし、高品質のジャム、コンポート、フルーツシロップ漬け、ドレッシング、たれ、ドライフルーツなどの生産及び供給体制が実現します。

St.Cousair Oregon Orchards,Inc.(SCOO社)設立

今回の契約は、企業買収(M&A)の一種である株式取得を伴わない、企業が保有する食品ビジネスに関する製造免許や営業権などの資産や土地建物・生産設備等の不動産を含む固定資産等を取得する売買契約に基づくものです。約半年に及ぶ交渉の結果、オーナー家が保有するビジネスおよび不動産を取得する基本契約が合意に達することができました。
買収先の Berry Noir社から30エーカー(3.6万坪)の農地とコンポート、ジャム、ジュース、業務用ドレッシングなどの加工工場(1000坪)を資産買収し取引先様とともに従業員も引き継ぎます。

4月29日(日本時間)に両社の経営幹部、州政府関係者、ポートランド日本領事館関係者が一堂に会し、資産買収に関する基本契約書の調印式とクロージングパーティーを開催しました。
3年後には年商1,000万ドル(約11億円)を目指します

株式会社サンクゼール
St.Cousair CO.,LTD
種類 株式会社
略称 St.Cousair
本社所在地 日本の旗 日本
389-1201
長野県上水内郡飯綱町芋川1260
設立 1982年6月
業種 食料品
事業内容 ジャムワイン、その他食品の製造販売。ワイナリー、レストラン、売店等の直営。
代表者 代表取締役社長 久世良三
資本金 3200万円
従業員数 300名(2007年3月31日)
関係する人物 久世まゆみ、久世健吉
外部リンク http://www.stcousair.co.jp/
テンプレー
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キノコ大手のホクト、米サプ... | トップ | 日本ゼオン、この5年間で2000... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

thinklive」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事