THINKING LIVE シンキングライブ

シンキングライブは経済情報サイト
矢野雅雄が運営しています。

ホンダ、自動運転車など次世代EVも現在の中国提携企業2社と開発を推進、

2017年06月18日 09時50分01秒 | thinklive

ホンダの八郷隆弘社長は16日、IT(情報技術)などの分野で中国企業との連携を模索すると明らかにした。「コネクテッドカー(つながる車)」関連や人工知能(AI)などで現地企業と組み、新たなサービスを生み出す。

 ホンダの中国販売は16年に125万台となり、163万台だった米国と並ぶ重要市場に育ちつつある八郷社長は「AIなどで中国は先行しており、人材もそろっている」と述べ、外部企業と連携する「オープンイノベーション」の実現に向けた窓口を現地に置くことも検討している。

 中国政府は外資系自動車メーカーに対して出資規制を緩和する方針を打ち出している。ホンダは広州汽車と東風汽車との間でそれぞれ合弁会社を持つが、「今の折半出資がちょうどよく、出資比率を変更することは考えていない」(八郷社長)とした。EVなどエコカー事業であれば3社目との合弁が可能となるが、八郷社長は「既存の2社としっかりやっていく」と述べた、*日経

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 米、自動運転車の新興企業、... | トップ | ホンダの自動運転車は25年頃... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

thinklive」カテゴリの最新記事