THINKING LIVE シンキングライブ

シンキングライブは経済情報サイト
矢野雅雄が運営しています。

アマゾン、生鮮食品の配送、21日朝から開始、最短4時間、年間3900円の会員で月500円追加回避

2017年04月23日 21時24分39秒 | thinklive

*流通大手が既に開始している、中小の物流業者に委託して実施、大手の物流企業ではドライバー不足でアマゾンとの取引が困難、

*ナカメ駅前の、東急の高級スーパーで3日に2日ぐらいの割合で買い出しにゆく、購入品はどうやら持てる量ではあるが、5000円以上は無料宅配であるから、循環的に固め買いをするボクノ場合はホトンド無料宅配、とにかく鮮度、品質を信頼する店員に助言して貰える、注文も付けられるし、交換もフリーである、買い物のヒト化、人間化は、アマゾンにはナイ、

*強東急本店のマルゼンに「まもなく絶滅する紙の書物について」を買いにいった、売り切れでナカッタ、アマゾンでは、その本の中古品まで売っている、最もボク乃アマゾンへの注文は失敗のようであった、それがボクノ問題、今日はオーダー出来た、3000円の価格を中古本で1900円であった、

ネット通販大手の「アマゾン」は、野菜や肉などの生鮮食品を最短4時間で配達するサービスを21日から都内でスタートさせ、すでにネットスーパーを手がけている流通大手などとの競争が激しくなりそうです。

ネット通販大手のアマゾンが21日朝から始めたのは、生鮮食品を配達する「アマゾンフレッシュ」で、世界ではアメリカ、イギリスに続いて3か国目となります。

新たなサービスは年間3900円の有料会員で、さらに月額500円の会費が必要となりますが、野菜や肉、果物など1万7000点を超える生鮮食品を扱うとしています。

配達エリアは港区、江東区、江戸川区など東京都内の6つの区で、今後、順次拡大していく方針で、料金は1回500円、6000円以上購入すると無料で利用できるということです。

ヤマト運輸など、大手宅配会社でドライバー不足が深刻化する中、配達は中小の事業者に委託し注文から最短4時間で届けるとしています。

アマゾンは今月18日から東京23区など一部の地域で、デパートの総菜やドラッグストアの化粧品などを配達するサービスを始めていて、今回のサービス拡充ですでにネットスーパーを手がけている流通大手などとの競争が激しくなりそうです。

Amazonが野菜、果物、精肉などの生鮮食品を、最短4時間で配送するサービス「Amazonフレッシュ」を東京都内から開始しました。届いた商品の鮮度が悪かった場合には返金できる「鮮度保証」や専門グルメ店のスイーツ配達、契約農家から仕入れた取れたて野菜や鮮魚を販売する「新鮮市」などの専用サービス付きになっています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 沢井製薬、米、後発薬メーカ... | トップ | 日本のTV番組の輸出、現状年... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

thinklive」カテゴリの最新記事