THINKING LIVE シンキングライブ

シンキングライブは経済情報サイト
矢野雅雄が運営しています。

堀場製作所,17/12期の営業利益は14%増の210億円見込む、工場向け制御機器、自動車メーカー向け半導体好調

2017年05月15日 08時42分16秒 | thinklive

 堀場製作所は12日、2017年12月期の連結営業利益が前期比14%増の210億円になる見通しだと発表した。従来予想(8%増の200億円)から増益幅が拡大する。半導体工場向けの制御機器や自動車メーカー向けの排ガス計測装置などが想定以上に好調なため。純利益は5%増の136億円と従来予想から6億円引き上げた。

 同日発表した17年1~3月期の連結決算は売上高が前年同期比11%増の456億円、純利益は19%増の37億円だった。純利益率は、8.1%、世界的に半導体工場への設備投資が進んでいるほか、日本や米国などでの排ガス規制強化で半導体や自動車関連の売り上げが伸びた。

株価推移、上昇軌跡

チャート画像

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中国の「一帯一路」初の国際... | トップ | リクルート、インディード買収... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む