THINKING LIVE シンキングライブ

シンキングライブは経済情報サイト
矢野雅雄が運営しています。

サカタのタネ、国際級のタネやさんへ成長した、

2016年10月08日 20時42分47秒 | thinklive

*株価は上げ気配、海外売上52.6%、純利益率6.2%は世界化業態の確立を示す、株価の上昇気配は継続する、1株利益の100円超、配当の30円超を急ぐべきであろう、ブロッコリーがサカタのタネ製品とは最近知った、アメリカでは最近売上が急増している、鉄分が多いのでボクもよく使っている、冷凍でもほとんど変わらない、

株価推移 2,623前日比+50(+1.94%)

1株利益92.77 配当23

チャート画像

サカタのタネが10日発表した15年5月期の連結決算は純利益が前の期比42%増の38億円だった。採算の良い野菜種子の販売が国内外で伸び、円安・ドル高による為替差益の計上も寄与した。不動産の減損で特別損失が発生したが、大幅増益を確保した。年間配当を前期より3円多い23円(従来予想は20円)とする。記念配当を除く普通配での増配は5年ぶり。

 売上高は5%増の567億円だった。純利益率は、6.7%、国内上場企業平均の2倍レベル、野菜種子では特に中国向けのニンジンや米国向けのブロッコリーの販売が大きく伸びた。人口増のほか、米国では健康志向の高まりで野菜の需要が増えていることなどが背景にあるという。外売上比率は52.6%と4ポイント近く上昇し、通期で初めて5割を上回った。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北方領土の返還は1~2兆円... | トップ | 種子を制する者は新興市場・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

thinklive」カテゴリの最新記事