THINKING LIVE シンキングライブ

シンキングライブは経済情報サイト
矢野雅雄が運営しています。

キヤノンITソリューションズはNTTデータ・イントラマートと協業、両社製品を連携させたソフトを開発販売、

2017年07月13日 14時53分50秒 | thinklive

キヤノンITソリューションズは11日、NTTデータ・イントラマートと業務プロセス管理(BPM)システム開発分野で協業し、両社の製品を連携させたソリューションを7月下旬より提供すると発表した。

 キヤノンITSでは、業務システムなどで用いられるアプリケーションを簡単に開発できる製品として、ウェブアプリケーション自動作成ツール「Web Performer」を提供している。

 NTTデータイントラマートでは、営業・販売、生産、物流など、個別にシステム導入されることで分断化されていたビジネスオペレーションを、一連のトータルな業務プロセスとして可視化、効率化するBPMツール「IM-BPM」を提供している。

 両社は、企業のさらなる業務効率化の実現には、個々の業務だけでなく業務プロセス全体の最適化を図る必要があり、業務プロセスの最適化を進めながら、ビジネス戦略に合わせた独自性が求められる業務システムを素早く開発することが、企業競争力向上のためには欠かせないと説明。こうした課題に対応するため、Web PerformerとIM-BPMの両製品を連携させた、BPMシステムのアジャイル開発ソリューションの提供を開始する。

 キヤノンITSが「Web Performer」を提供、NTTデータイントラマートが「IM-BPM」を提供し、両製品を連携させたBPMシステムの開発やシステム導入については、キーウェアソリューションズ株式会社をはじめとする両社のパートナー企業が担当する。Web Performerの販売価格は最小システム構成で360万円(税別)から。

 キヤノンITSでは、今回のBPMシステムのアジャイル開発ソリューションに加え、アジャイル開発をベースとした「共創型開発」を推進する開発支援サービスなどを提案し、Web Performerを中核とするSIソリューション事業で2020年に売上高50億円を目指すとしている。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« HOYA、中国企業と合弁、新興... | トップ | ユニ・チャーム、1~6期、売... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

thinklive」カテゴリの最新記事