THINKING LIVE シンキングライブ

シンキングライブは経済情報サイト
矢野雅雄が運営しています。

フィリピンの老舗財閥大手、4半期利益で、157億円、年間600億円内外,HDの純利で傘下企業計では数倍規模

2017年05月14日 08時50分59秒 | thinklive

■アヤラ・コーポレーション(フィリピンの複合企業) 2017年1~3月期の純利益が前年同期比20%増の69億ペソ(約157億円)だったと発表した。金融事業と不動産開発事業をけん引役に売上高が伸びた。

 不動産子会社のアヤラ・ランドの純利益は18%増の56億ペソだった。不動産開発と商業用賃貸事業が拡大を続けたことが貢献した。

 資産規模で同国3位の金融子会社、バンク・オブ・ザ・フィリピン・アイランズ(BPI)は純利益が26%増え、63億ペソとなった。

 アヤラのフェルナンド・ゾベル・デ・アヤラ社長兼最高執行責任者(COO)は「中核事業が成長を保ち、新規事業の発展も寄与している」と語った。

(マニラ=ミカエル・フローレス)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アリババ、16/7~9期、売り上5... | トップ | ウィルマー・インターナショ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む