THINKING LIVE シンキングライブ

シンキングライブは経済情報サイト
矢野雅雄が運営しています。

丸紅と中国、ジンコソーラ-連合,UAEのメガソーラ1179MWPJ、1000億円で落札、原発の約1/7のコスト!

2017年06月16日 16時53分06秒 | thinklive

*驚異的な低価格である、日本の買電価格の1/10?中特の天然ガス発電のコストより低い.天然ガスを全て販売に回し、ソーラ発電に転換する方が有利である、ことになる、

丸紅株価推移 695.9前日比+5.4(+0.78%)

1株利益97.96 配当25

チャート画像

丸紅、中国のジンコソーラー連合 アラブ首長国連邦(UAE)で過去最安値の大規模太陽光事業を受注。1170MW。1kWh当たり2.3㌣(約2.6円)(各紙)

大手商社の丸紅は、中国の太陽光パネルメーカーのジンコソーラーと連合を組んで、アラブ首長国連邦(UAE)が計画する世界最大級の大規模太陽光発電所(メガソーラー)事業を受注した。受注価格はこれまでの太陽光発電事業で世界最安値の1kWh当たり2.3㌣(約2.6円)。発電出力は約1179MWで、原子力発電所1基分を超える。

  丸紅とジンコは、昨年9月にUAEのアブダビ水電力省が行った入札(350MW分)に、1kWh当たり2.41米㌣というその時点で世界最安値で応札、EDFやMasdarなどのライバルを蹴落として落札した。グローバル市場での太陽光事業の最安値はそれまでチリでの同2.91㌣。さらに丸紅チームは、対象範囲を1170MWに拡大、全体の価格も同2.30㌣へ引き下げて契約を結んだ。

 事業は、アブダビ東部のSweihanに広がる砂漠地帯。東京ドーム166個分に相当する約7.8㎢の土地を現地政府から借り受ける。総額1000億円の規模で、アブダビ水電力省が60%、丸紅が20%、ジンコが20%を、それぞれ出資する。

 発電した電力は、地元の電力会社に25年間の契約で買電する。来月中に契約に調印し、2019年の運転開始を目指すとしている。

 UAEの国内の電力供給源の中心は天然ガスを使った火力発電となっている。しかし、昨年発効したパリ協定で同国が公約した温室効果ガス削減の目標を実現するために、2050年までに電力需要の44%を再生可能エネルギーで賄う計画を打ち出している。

 UAEは、石油・ガス等の化石燃料が豊富な中東諸国のなかでも、再エネ発電に積極的に取り組んでいる国で知られる。太陽光や太陽熱発電は、砂漠が広がる同国にとって、別途、豊富な自然エネルギーでもあり、本格的に開発することで、国内のエネルギーバランスを維持できることにもなる。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中国語対応自動車合宿教習所... | トップ | セブンドリーマーズラボの自... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む