THINKING LIVE シンキングライブ

シンキングライブは経済情報サイト
矢野雅雄が運営しています。

17/1~3月の不動産投資、前年比、51%増の1兆3540億円、香港の不動産大手、ガウキャピタ、みなとみらいセンタービル買収、

2017年05月19日 15時03分36秒 | thinklive

不動産サービス大手、CBRE(東京・千代田)が17日まとめた2017年1~3月の国内不動産投資額は1兆3540億円と前年同期比で51%増えた。増加は7四半期ぶり。世界的に低金利が長期化しているのを背景に、安定した賃料が見込める日本の不動産に投資マネーが流入した。

 投資額が1兆円を超すのは8四半期ぶり。海外からの投資が4660億円と前年同期の3.7倍に拡大したのが寄与した。総額の、34.4%にたっした、3月には香港の投資ファンドが横浜市のオフィスビル「みなとみらいセンタービル」を800億円で取得するなど大型の取引もあった。

 国内の不動産投資信託(REIT)の投資額は5810億円と10%増加。投資対象の不動産の種類でみると、住宅が3300億円と2.7倍に増え、オフィスビルや商業施設への投資も拡大した。地域別では価格高騰で投資利回りが低下している東京23区を除く首都圏が3倍の4910億円に、大阪も9割増えた。

*オリックス不動産(本社:港区)、大和ハウス工業、ケン・コーポレーション(本社:港区)の3社が共同で開発を進めてきた「みなとみらいセンタービル」が10年6月に開業した。オフィスと商業の複合ビルで、CASBEE 横浜(建築物総合環境性能評価システム)の最高評価Sランクを取得している。

 みなとみらいセンタービルは、みなとみらい線みなとみらい駅に直結している。地上21階地下2階建て、延べ床面積9万5220m2の規模だ。地上1階~3階が商業フロア、4階~21階がオフィスフロアとなっている。オフィス部分は1フロア1000坪強の広さを持ち、天井高は2950mmを確保した。オフィスフロアの7割~8割で、入居テナントが内定している。商業部分の稼働率は約5割だ。

みなとみらいセンタービル2017年3月には香港の大手不動産投資ファンド、ガウ・キャピタル・パートナーズ (Gaw Capital Partners) が当ビルを800億円で取得している

香港=阿部真也】香港の不動産投資ファンド大手、ガウキャピタルパートナーズは日本への投資を加速する。今後2年間で最大4億ドル(約430億円)を投じ、東京や大阪など都市部のホテルや商業ビルを取得する方針だ。中国などアジアの中間層の拡大で訪日客のインバウンド需要が高まるとみて、観光・小売り関連の不動産に積極投資する。

 同社のグッドウィン・ガウ会長が日本経済新聞の取材に答えた。同社の資産運用規模は20…


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中国、テンセント1~3期純利... | トップ | 中国地方都市、訪日意欲高い... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む