THINKING LIVE シンキングライブ

シンキングライブは経済情報サイト
矢野雅雄が運営しています。

フランスベッド、寝具の海外展開本格化、韓国に電動マットレス、初年度500台、

2017年10月06日 14時46分37秒 | thinklive

株価推移 1,025前日比-15(-1.44%)

1株利益44.82 配当22

チャート画像

 

 寝具大手のフランスベッド(東京・新宿)は主力の寝具の海外展開に乗り出す。まず韓国で電動マットレスの販売を今月から始めた。現地の代理店を通じて販売する。売れ行き次第でさらに枕やクッションなどの販売も視野に入れる。韓国を皮切りにアジアを中心に輸出先を広げたい考えだ。初年度に500台の販売を目標とする、

フランスベッドの4大特典

【特典1】寝姿勢測定器で無料測定・診断!
【特典2】30万円以上ご成約の方に、生活の木「スーパーフード入りジャム3個セット」プレゼント!
【特典3】ご成約の方に、「ドバイの水」プレゼント!
【特典4】展示現品5,000円割引券プレゼント!
【理由あり品コーナー併設】早いものガチの3日間。試作品、廃型品など、数量限定の特別ご奉仕品を大放出!
 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コナミ,18/3期業績、スポーツジムは業界最大手、これからが成長期、新しいシニア世代がハジマル!

2017年10月06日 12時44分00秒 | thinklive

 コナミホールディングスが11日発表した2017年3月期の連結決算(国際会計基準)は、営業利益が前の期比47%増の363億円だった。好採算のスマホ向けゲームが国内外で伸びた。前期に計上した遊技機事業の構造改革費用がなくなったことも寄与した。

 売上高は8%減の2299億円。売上高に占める比率の高い家庭用ゲームや遊技機の販売が減った。

 18年3月期の連結業績は売上高が前期比7%増の2450億円、営業利益は10%増の400億円を見込む。

コナミホールディングスは20年3月期に、業界最大手のスポーツジム事業の部門営業利益を50億円と前期比18%伸ばす計画だ。不採算店舗を閉鎖する一方、運営コストの低いマシンスポーツなどに特化した新業態店の出店を増やす。売上高は2%増の700億円程度に引き上げる。

 中野治副社長が明らかにした。新業態店はプールやサウナなど運営コストが高い設備を省き、利用料金を抑え

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京急行電鉄の17年4~9月期、12年振り、最高営業益、新郊外都市、二子玉川ライズの完成と成功が寄与している、

2017年10月06日 12時05分44秒 | thinklive

東京急行電鉄の2017年4~9月期の連結営業利益は500億円前後と、前年同期に比べて13%増えそうだ。同期としては12年ぶりに最高となる。不動産販売が利益を押し上げたほか、沿線で開発した商業施設二子玉川ライズの売り上げも好調だった。働く女性や高齢者の増加を背景に、鉄道の通勤利用も伸びた。、

 同社は4~9月期の業績予想を開示していない。売上高にあたる営業収益は1%増の5540億円程度になりそうだ。不動産事業で横浜…営業利益率は、9.0%、

株価推移 1,605前日比+9(+0.56%)

1株利益115.27 配頭

チャート画像

東急の二子玉川ライズ「の地図

二子玉川ライズ(ふたこたまがわライズ)は東京都世田谷区玉川二子玉川)に所在する複合施設。東急不動産東急電鉄による再開発、運営事業の一環で、東急建設らが施工を担当した[1][2]

*巨大で、整合的なニュータウンである、ようやくこの17年に計画の全体像がみえる段階に入ったところ、現在は発展の1/3程度、周辺地域の連鎖的な成長が始まった段階、

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ペインキャピタル、アサツーDK株式TOB、1株3660、株価は6日10時に3850円、安すぎる!

2017年10月06日 10時50分08秒 | thinklive

株価推移 (株)アサツー ディ・ケイ(9747)の株価

-Yahoo!ファイナンス 3,850前日比:+5(+0.13%)

 5日の東京市場でアサツーディ・ケイ(ADK)株が一時前日比180円(5%)高の3980円を付けた。米投資ファンドのベインキャピタルが進めている1株当たり3660円のTOB(株式公開買い付け)について、ADK株の17%を持つ英運用会社シルチェスター・インターナショナル・インベスターズが反対を表明。市場ではTOB価格がつり上がるとの思惑が広がった。

 ADK株の25%を持つ筆頭株主の広告世界大手、英WPPもTOBに反発している。TOBの成立には50.1%以上の応募が必要になる。

  • 提示した買収額が低過ぎる-WPPの関係者
  • 2000年2月21日以来、約17年7カ月ぶりの日中上昇率

  3日午前の取引で株価は一時、前日終値比19%高の3775円まで上昇。2000年2月21日以来、約17年7カ月ぶりの日中上昇率を記録した。ベインは9月29日のアサツーDKの株価終値を15%上回る価格の1株3660円でTOBを実施すると前日に発表したが、アサツーDKの筆頭株主、英WPPは提示した買収額が低過ぎると見なし抗戦の構えを示している。
 
  アサツーDKの2日の発表によると、13年8月に示した中期経営計画では70億円の営業利益目標を掲げたものの16年12月期の実績は56億円。収益性の改善が不十分で一層の事業や組織の改革が急務となっており、ベインのTOBを受け入れる判断をしたという。ベインも、アサツーDKの買収を通じ同社の成長に向けた改革加速を支援すると説明している。

  アサツーDKは同日、WPPとの資本提携関係の開始から20年が経過したものの、考え方の違いなどにより「機動的な意思決定が難しい状況」が目立ちシナジー効果を実現できなかったことなどから、WPPとの資本提携関係を解消することも決定したと発表。ブルームバーグのデータによると、WPPのアサツーDK株の保有比率は24.74%。アサツーDKもWPP株を2.43%保有しており、提携関係の解消に伴い同株を全て売却する予定だ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヤナセ、福祉車両改造の、オフイス清水と業務提携、

2017年10月06日 08時53分44秒 | thinklive
ヤナセオートシステムズは9月26日、福祉車両改造を手掛けるオフィス清水と業務協力し、福祉車両分野へ参入すると発表した。
両社は今後、車両への車いす用リフトや回転乗降シートをはじめとする機器取り付けの技術的検証、税制などの優遇措置・公的な助成制度の情報取得などの環境整備を行い、全国のヤナセグループ販売店を通じた福祉車両の販売を開始する。

具体的には、ヤナセオートシステムズが全国9か所で展開する板金・塗装部門の内製工場を中心に車両の改造作業を実施。オフィス清水は、改造に関する技術面や福祉車両利用者の顧客ニーズに合わせたコンサルティング活動により、ヤナセオートシステムズの福祉車両分野の参入を全面的に支援する。

ヤナセオートシステムズは今後、福祉車両コンセプト「バリアフリーな輸入車で、車のある人生をもっと長く」を掲げ、いつまでも輸入車に乗り続けたいユーザーに福祉車両が提供できるよう、年内の事業開始を目指す。
 
 



 

 

<iframe src="about:blank" frameborder="0" scrolling="no"></iframe>
 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

星野リゾート、都市観光向けホテルを新ブランド「OMO」で全国に全面展開、周辺の施設と連携

2017年10月06日 08時35分59秒 | thinklive

 星野リゾート(長野県軽井沢町)は5日、価格帯がシティーホテルやビジネスホテルと同程度の都市観光向けホテルを新ブランドで全国展開すると発表した。来年春から北海道旭川市、東京・大塚で順次開業し、大阪市の新今宮駅前で2022年の開業を目指しているホテルにもこの新ブランドを採用する。

 新ブランドは「OMO(おも)」。ホテル周辺にある地元飲食店と連携した企画などを充実させ、観光を目的にビジネスホテルを利用している顧客層を取り込む考えだ。「OMO7」など各ホテル名に数字を入れ、サービスの幅が広いほど大きな数字を割り当ててホテルのランクを表す。

 第1弾の旭川は、既存の旭川グランドホテルを「OMO7」に改装して来年4月に開業する。大塚は新築で「OMO5」として来年5月にオープンする。新今宮も新築で名称は未定だ。星野佳路代表は、東京都内で開いた発表会で、ビジネスホテルは実は観光目的の顧客が多いと指摘。「ホテルの周りの人たちと一体となってリゾートをつくろうと発想している」と語った。星野リゾートはリゾートホテルや高級旅館を展開している。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ソフトバンク、米ファインダビリティ社(米の予測分析サービス)、17/7月に8億円出資、

2017年10月06日 07時19分14秒 | thinklive

 ソフトバンクグループ(9984)の子会社のソフトバンクは5日、ビッグデータなどによる予測分析サービスを提供する米企業のファインダビリティ・サイエンシスと合弁会社を都内に設立したと発表した。資本金は3億円で、ソフトバンクが51%、米ファインダビリティ社が49%出資した。ビッグデータや人工知能(AI)を活用したプラットフォームサービスを提供する。

 合弁パートナーの米ファインダビリティ社は、ボストンに本社を置き、米国や欧州、インド市場でサービスを提供している。17年7月にソフトバンクは約8億円を出資していた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

米ソフトバンクテレコムアメリカと、人工知能(AI)ベンチャーの米ファインダビリティサイエンスは、ビッグデータとAIを活用して個人の特性や考え方を把握するサービスの開発と販売に取り組んでいる。

ソフトバンク株式会社)と、ビッグデータ、コグニティブ・コンピューティング、AIによる予測分析サービスを提供するFindability Sciences Inc. は、今後さらに成長が見込まれるAI分野の日本市場における戦略強化のため、両社の合弁会社であるFindability Sciences株式会社を設立しました※1。またこれに先立ち、2017年7月に、ソフトバンクがFindability Sciencesの第三者割当増資を引き受け、同社に約740万米ドル(約8億円※2)を出資しましたので、併せてお知らせします。

[注]。

Findability Sciencesは、ボストンに本社を、ムンバイにオペレーション・センターを構え、ビッグデータ、コグニティブ・コンピューティング、AIによる予測分析プラットフォームを提供する企業です。2010年より米国、欧州、インドにおいてサービスを提供しており、日本企業への導入実績もあります。

Findability Sciencesの主力サービスである「Findability Platform®」は、各種ビッグデータを基にした予測分析を行い、顧客の課題解決を図るプラットフォームサービスです。独自の大容量構造データ解析技術とコグニティブ・コンピューティングを活用した非構造化データ解析技術、さらにFindability Sciencesの投資先である自動予測ソフトウエア開発企業Soft10 Inc.のAI搭載予測モデリングソフトウェア「Dr. Mo」の高精度な予測技術を用い、データ・インサイトや予測などの詳細な情報を顧客に提供します。顧客は、これらの予測分析を基に、マーケティングやコスト・品質管理、人材マッチング、リスク管理などさまざまな場面で、事業に係わる意思決定を迅速かつ効果的に行うことができます。

ソフトバンクとFindability Sciencesは、日本以外のグローバル市場における事業展開での連携も視野に入れていきます。また、Findability Sciences株式会社では、グローバル規模で成長し続けているAI分野の需要拡大に向けて、積極的な採用活動を行うことを検討しています。

「Findability Platform®」のイメージ図

「Findability Platform®」のイメージ図

想定される活用例

業種データソース提供サービス
全般 顧客・購買データ 価格最適化、アンケート分析、マーケットバスケット分析、キャンペーン効果測定
医療 文献・カルテデータ DNA解析や外部要因などによる健康予測、副作用特定
金融 顧客・購買データ ATM必要現金予測、貸付リスク予測、クレジットカード不正利用検知
農業 規制・ルールデータ 原料コスト予測、品質管理、物流最適化知
インフラ ETCやWi-Fi利用情報 行列・渋滞管理分析、行動分析によるマーケティング予測
人材 個人・評価データ 仕事の人材マッチング、犯罪プロファイリング

Findability Sciencesの創業者 兼 CEOであるアナンド・マフルカルは次のように述べています。「ソフトバンクのような世界的に有名な企業との合弁事業を設立できることを非常に誇りに思い、喜んでいます。ソフトバンクとは、当初は米国での販売パートナーとして関係が始まり、このたび合弁会社を設立し、革新的なデータソリューションである『Findability Platform®』を共同で展開することになりました。『Findability Platform®』の提供により、より多くのお客さまの効果的で迅速な意思決定に貢献していきます」

ソフトバンク 法人事業統括 グローバル営業本部 本部長 野崎 大地は次のように述べています。「本合弁会社の設立により、『Findability Platform®』を日本のお客さまに提供できることを非常にうれしく思います。AIの重要性や有効性が多くの産業や企業で認識されつつある中、お客さまに最適なソリューションをご提案するために、幅広い調査やさまざまなパートナー企業と緊密な協力を行ってきました。そうした中、Findability Sciencesのソリューションが、AIによる自動分析、非構造化データとの統合、セルフラーニングを重視した非常に革新的なサービスであると確信しました。また『Findability Platform®』は、大規模な投資を必要とせず、AIを日々のオペレーションに取り込める実用性や、業種・業態を選ばない汎用性を兼ね備えているのも特長です。『Findability Platform®』を通じて、お客さまの事業の意思決定に貢献してまいります」

 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加