THINKING LIVE シンキングライブ

シンキングライブは経済情報サイト
矢野雅雄が運営しています。

中国、アリババ、米マリオットインターと提携、中国人旅行者への会員優遇策を導入、合弁設立、

2017年08月16日 22時35分13秒 | thinklive

*アリババの世界旅行業への本格参入とマリオットの中国ホテル業界への参入を同時並行的に最大化する、戦略的提携が実現する、マリオットの保有するホテル総数は,世界レベルで、5500棟、客室総数は110万室、

【上海=張勇祥】中国EC最大手のアリババ集団は7日、ホテル世界最大手の米マリオット・インターナショナルと提携すると発表した。両社で合弁会社を設立、中国の旅行者がマリオットの部屋を予約しやすくする仕組みを整える。アリババで取引の多い顧客をマリオットの上級会員として迎えるプログラムも始める。

 電子決済の「支付宝(アリペイ)」を中国本土のマリオットで使いやすくするほか、海外での展開も進めていく。アリババの張勇・最高経営責任者(CEO)は「今後5年間で7億人の中国人が海外旅行に出かける」と指摘。中間所得層が厚みを増すにつれ、旅行業が大きな商機につながるとの見方を示した。

 アリババは会員プログラムを刷新、利用額が多い顧客にマリオットの上級会員の資格を付与する。顧客は部屋のアップグレードやレイトチェックアウトなどの優遇を受けることができる。

 マリオットは中国で約300軒の開業を準備、今後4~5年で運営するホテル数を倍増する計画を持つ。ソレンソンCEOは「提携を通じ、アリババの顧客に私たちのホテルを利用してもらえる」と述べた。

マリオットインターナショナルの世界規模

2015年11月16日、マリオットインターは、同業のスターウッド・ホテルズ&リゾーツ・ワールドワイドを買収することで合意したと発表。買収総額は約122億ドル。2016年4月に両社の株主総会で承認され、ホテル数は計、5500余りとなり、客室数は世界で110万室。世界最大のホテル企業が誕生した

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

”NHK、”731部隊の真実、エリート医学者と人体実験””前の戦争中に満州で中国人を人体実験に徴用した歴史!

2017年08月16日 14時27分22秒 | thinklive

*たまたまTVのスイッチを入れたら,NHKの”731部隊の真実、エリート医学者と人体実験”の放映に出合った、放映がハジマッて、1/3程度経過した頃であった、ソのママ、画面から目を離すことができなくて、最後まで画面に釘付けになった、ボクも軍隊に2年半ほど徴兵されていたから、想像は出来たが、アメリカの南部でも黒人部落対象に疫病対策の実験を行って問題になったケースの記録を読んだ記憶がある、シャンソンの、”サクランボの季節”は王朝派軍隊による、女性、子供の群衆デモを殺戮した鎮魂の歌で、作曲者はベルギーに脱出した、と言われている、NHKの報道は、サクランボの歌よりはナマナマしくて、ボクは床に正座して最後まで放映を見詰めていた、終戦時から、ボクは20年ぐらいは戦争の資料を読み漁ったから,731部隊の事実は知っていたが、その実験記録を米軍に提供して、部隊責任者は罪人とはならなかったように記憶している、NHKの報道も実験の報道であって、部隊の責任者の始末には一切触れていない、NHKの上層部のどこまでが、この報道に関与していたのかは分からないが、首脳部は内容については知らなかった、と、ボクは思う、報道後の影響は尾を引いているから、責任問題は起きる可能性が高い、と、ボクは感じた、

*原子爆弾による数十万人規模の殺戮とどちらが、罪が重いか、という論争にはならない、だろうが、原爆は戦争で、人体実験はモラルだということになりかねない、

*17年8月14日、澎湃新聞網によると、NHKは13日夜、戦時中に旧満州で密かに細菌兵器を開発し、実戦で使用した旧日本軍の実態を追った「731部隊の真実 エリート医学者と人体実験」を放送した。日本のネット利用者の間には「直視すべき人間の恐ろしい姿だ」との声が広がった。 こういう個人的なモラルになることを報道は目的とした?

*番組では終戦直後、旧ソ連のハバロフスクであった裁判の音声記録を発掘。731部隊の中心メンバーが、国益のためと称して細菌兵器を開発し、旧満州で日本に反発した中国人、旧ソ連人を「死刑囚」と断定。細菌兵器開発の「人体実験材料」としていた事実を紹介している。さらに、旧日本軍だけでなく、医学界など学術界のエリートも計画に参加し、「死刑囚」を人体実験に活用していたことも明らかにしている。 

番組は日本の「終戦記念日」を前に放送された。NHKがこの時期に731部隊のドキュメンタリー映像を流すのは、それだけで十分に戦争反対の強い意思表示でもある。日本の民放が2年前に行った若者を対象とした世論調査では、8月15日が日本が敗戦した日と知っていたのは、回答者の54%に過ぎなかった。中高生の14%は「知らない」と答えた。 

今回の放送を受けて、日本のネット上では「人間の中の闇が犯した歴史上の真実を、われわれは直視しなければならない」などの声が上がっていると記事は伝えている。(翻訳・編集/大宮)

*戦争責任を、人間の闇にすり替えた報道記事である、

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

米、ガーミン、スポーツ向けウエアラブル端末機器メーカー、世界首位

2017年08月16日 12時12分40秒 | thinklive

*自動車に搭載する簡易型カーナビメーカー、全地球測位システム対応の「フォーアスリート」を03年に発売してから進化してきた、

*登山向け、ゴルフ向け、フィットネス向け、サイクリング向け、子ども向けなどジャンルに専門化した機器の開発で先行してきた、

株価推移 51.40前日比-0.40(-0.77%)

1株利益 2.71$

チャート画像

ガーミン (Garmin Ltd.NASDAQGRMN) はアメリカ合衆国で創業されたGPS機器メーカーである。

ゲイリー・バレル (Gary Burrell) と高民環 (Min H. Kao、ミン・カオ) によって1989年に設立された。ガーミン (Garmin) という社名は創業者2人の名前の一部、即ちGaryとMinに由来する。

登記上、現在スイスシャフハウゼン州シャフハウゼンにグループ本社[1]を置き、運営上はアメリカ合衆国カンザス州オレイサにある、子会社のガーミン・インターナショナル社(Garmin International, Inc.)が実質的な本社として機能している。最大の生産設備を持つ重要子会社は、台湾台北県汐止市にあるガーミン(アジア)・コーポレーション(Garmin (Asia) Corporation、台灣國際航電股份有限公司) である。

Garmin Ltd.
Public
Traded as NASDAQGRMN
S&P 500 Component
Industry Technology
Founded October 1989; 27 years ago (as ProNav) in LenexaKansasUnited States
Founders Gary Burrell
Min Kao
Headquarters Olathe, Kansas U.S
Key people
Cliff Pemble (President & CEO)
Min Kao (Chairman)
Gary Burrell (Chairman Emeritus)
Doug Boessen (CFO)
Products GPS receivers, avionicswearable technology
Revenue Increase $2.82 billion (2015)[1]
Increase $550 million (2015)[1]
Increase $456 million (2015)純利益率、16.1%
Number of employees
10,000+ (2013)
Subsidiaries Garmin International Inc., Garmin (Asia) Corporation
Navigon
DeLorme
FUSION Entertainment
Dynastream Innovations
Website www.garmin.com/en-US
コメント
この記事をはてなブックマークに追加