ちょこっと考える

好きなこといろいろ。

ドラマを観る「小さな巨人」

2017-05-15 | プレゼン・映画・ドラマ・書籍・あそび
現在、放送中のTBSドラマ「小さな巨人」。
それほどはまっている訳でもないですけれども、
毎回観ています(^ ^)。
現在、ちょうど半分くらい進んだところで。
ここまでは誰が敵なのかの予想はしやすかったです。

警察内部の争い。
警視庁の捜査一課から所轄に飛ばされたエリート刑事の香坂が、
内部にいる敵と戦う。

「敵は味方のふりをする」
誰が敵なのか。実は味方だと思った人が敵だった。
そして、彼は権力側の人間だった。
巨大組織に巣食う権力側の人間に、果たして勝てるのだろうか。

ドラマに登場する主要な役者さんは次の通り。
主役の香坂を演じますのが、長谷川博己さん。
香坂と同じく警視庁に入社した山田を演じるのが、岡田将生さん。
所轄の刑事の渡部に、安田顕さん。
捜査一課長の小野田を演じますのが、香川照之さん。

こちらのドラマに携わる人の中には、
「半沢直樹」や「下町ロケット」に関わった方もいらっしゃるので、
ドラマの描き方がそちらのドラマと似ているようにも思います。
俳優・歌舞伎役者の香川さんなんて、
こういった個性が強くて悪い上司といった役柄が多いなぁって。
しかも似合っている(笑)。

で、こちらのドラマを観ているとですね、なんなとなくですが、
今の日本の縮図をあらわしているようにも感じるのは、
私だけでしょうか、ね。

最近、現在の日本の総理お抱えジャーナリストの男性が、
女性絡みの最悪な犯罪を犯し、逮捕寸前で、
揉み消したというニュースもでています。
しかも、総理の奥様がそのジャーナリストの方に対していいね!をしたとかしないとか。
メディアにもよく出ているジャーナリストなのだそうでして、
私自身はその方を拝見したことがないのでどのような方か知りません。
でももし、そういった悪質な事件を誰かが起こした場合、その人は、
メディア自体の影響力が大きいことも踏まえれば、
厳しくともメディア業界を追放でいいのではないでしょうかね?
だから、テレビ離れが加速するような気もするのですけれども。

それでこの話がもし本当だとして、このような状態で、
警察ってまともに機能しているのかなぁって。
森友問題でも議員さんの誰かが、特に力のある誰かが、
国有地をほとんどタダで引き渡すように口利きしたはずなのに、
きちんとした捜査ができるのかなぁって。
そもそも捜査自体しているのかなぁって。

ドラマは、ドラマ。
でもドラマのように、善と悪を区別できる、
権力に負けないような刑事さんがいるといいなぁ。
人としてかっこいい。
警察の方にも頑張ってほしいなぁ。
国民は信じるしかないですし、
やっぱり最後は正義が勝ってほしい。

「敵は味方の振りをする」
国民の本当の敵って誰だろう。

アマゾンチェック!
「小さな巨人」公式BOOK ―PHOTOS&INTERVIEWS― (角川SSCムック)
TBSテレビ
KADOKAWA


TBS系 日曜劇場「小さな巨人」オリジナル・サウンドトラック
SMD
SMD


小さな巨人(上)
扶桑社
扶桑社


amazonビデオ
第1話 新警察ヒーロー誕生敵は味方のフリをする裏切り上司を倒せ!!
---
メーカー情報なし
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マスコットのお勉強 | トップ | 働いている人 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む