台ドラ+韓ドラで探せ!

台湾ドラマや中国ドラマ、韓国ドラマ、海外ドラマのあらすじなどが中心です。

中国ドラマ「記憶の森のシンデレラ〜STAY WITH ME〜」第7話 あらすじ

2017年07月12日 15時20分07秒 | 記憶の森のシンデレラ(中)

「謎のモデルくん」


「ライバルなんだから、険悪で当然だ」と言うシャオ。ウェイウェイが「ホント?」と聞くと「誓って本当だ」とシャオは言う。「それだけ?」とウェイウェイに問い詰められ、シャオは「何か注文してくる」と逃げてしまう。

シャオが席を離れている間、取材を受けているレオをTVで見るウェイウェイ。帰国した理由を大切な人のためだと答えたレオは「その方は恋人ですか?」と聞かれ「秘密さ。お許しが出るまでは明かせないな」と言う。


モー・ファンの持っているキックミットを蹴るイードゥ。しばらくしてモー・ファンの手の古傷が痛みだし「少し休もう」とイードゥが言う。

不機嫌なイードゥに「またリー・ウェイウェイか?」とモー・ファンが聞く。イードゥは「不機嫌じゃないし、彼女は関係ない」と答える。「ごまかすな。平静を装ってもお見通しだぞ。心では動揺しているんだろ。早く彼女を玲瓏へ戻せ。お前にどんな仕打ちをしたか、もう忘れたのか?」と言うモー・ファン。イードゥは「大丈夫。同じ失敗は繰り返さない」と言うと、傷のことを聞く。モー・ファンは「今は言えないが、いつか話そう」と言う。


ウェイウェイは酔ったシャオを連れて帰宅。しかし水を欲しがるシャオが、酔ったフリをしていることに気づくウェイウェイ。ウェイウェイは「飲ませてくれ」と言われ、シャオの口から水を溢れさせてしまう。いい度胸ね、この私をだまそうだなんて、と。

なぜ家まで来たのか聞かれ「最近、危ない奴が多いから、君を守ろうと思ってさ」とごまかそうとするシャオ。信じないウェイウェイは、シャオの耳を引っぱり「私は記憶喪失だけどバカじゃない。そんな話、信じると?」と言う。シャオは正直に「会社に来ないから、恋しかったんだよ。君は俺のフィアンセだし…」と言うが、ウェイウェイは「幼なじみなんだし、もうフィアンセだとか言わないで。聞くたびに卑猥な感じがする。今回は許すけど、また、だましたらお仕置きよ」と家から追い出してしまう。


事務所。ウェイウェイは電話をしているふりをしながら、アンドリューにわざとぶつかる。「しつこいぞ。オファーは受けない」と言うアンドリューのマネージャー。ウェイウェイは「今日はレオと約束があるの。彼、どこから嗅ぎつけたのか、わざわざ会社に電話をくれてね。正直、あなたの足元にも及ばないと思うけど、彼、あなたへのオファーと知り連絡を。今からレオと会うの、じゃあね」と言って階段を登り始める。レオをライバル視しているアンドリューが指示をだし「待った」とウェイウェイを呼び止めるマネージャー。マネージャーは「慎重に検討した結果、DUのオファーを受けることにした」と言う。
そのやり取りをレオが見ていた。笑みを浮べるレオ。


事務所から出てきたウェイウェイの前に、レオは乗ってきたバイクを止める。「送るよ、乗って」と言うレオ。断わったらアンドリューにバラすぞ、と。ウェイウェイは「乗るわ」と言って、レオの後ろへ。レオはウェイウェイの手を取って自分につかまらせ、走り出す。


バイクから降りたウェイウェイは「送ってくれてありがと」とお礼を言う。そして「あなたはレオ?」と聞くウェイウェイ。レオは「そうだよ」と言う。
ウェイウェイが「アンドリューには黙っててね」と言うと、ウェイウェイを抱き締め「ウェイウェイ、会いたかった。たくさん話がしたい。今夜、ホテルへ」と言うレオ。ウェイウェイはレオを自分から離し「近づいたらケガするわよ」と言ってDUへ歩き出す。それをティファニーとイードゥが見かける。
「あれはレオ?リー・ウェイウェイも隅に置けないわ」と言うティファニー。


イードゥはイェイウェイをオフィスに呼ぶ。「アンドリューはオファーを受けたわ。任務は終わりね」と言うウェイウェイ。しかしイードゥは「撮影はまだ終わっていない」と言う。ウェイウェイが「じゃ、何の用?」と聞くと、とっさに目に入ったシュレッダーから取り出し「大切な書類が裁断された。つなげろ」と言うイードゥ。印刷し直せばいいでしょ?とウェイウェイは言うが、イードゥは「文句を言うな。指示に従え」と命じる。そしてイードゥはオフィス内で作業をさせることに。

ウェイウェイが書類を繋げていると、何度もレオからメールが届く。“810号室”というホテルの部屋番号に続き、またメールが届いたため「音を消せ」とイードゥが言う。しかしウェイウェイがついボイスメールを聞いてしまい「ホテルで待ってるよ」と言う声が。ウェイウェイは慌てるが、しっかりイードゥにも聞こえてしまう。
ウェイウェイは「もう夜なので帰ってもいいわよね?」と聞く。しかしイードゥは「終わるまでダメだ」と言う。


帰るウェイウェイがDUを出るとシャオから電話が。「迎えに行くよ」とシャオが言うと「チェン・イードゥに残業を命じられたの」と返すウェイウェイ。仕事なの、私のことはいいからと。
しかしシャオはDUのそばで、車内からその電話をかけていた。
電話を切ったウェイウェイはタクシーに乗り込む。それを目にしたイードゥも別のタクシーに乗り「前の車を追って」と運転手に言う。そんな2人を追いかけるシャオ。

ホテルに着いたウェイウェイは、レオのいる部屋へ向かう。
イードゥは自分の魅力を生かし、フロントの女性からレオの部屋を聞き出す。

ウェイウェイを部屋へ招き入れたレオは、嬉しそうにウェイウェイを抱き締める。「TVの取材を見た?」とレオが聞き、うなずくウェイウェイ。レオは満面の笑顔で「君のために戻ったよ」と言う。ウェイウェイは「私のため?一番大切な人って私のこと?」と確かめる。「当然さ」と言うレオ。5年前、君が僕の手を取った時から、君は一番大切な人になったと。

運動していたレオがシャワーを浴びに行き、ウェイウェイはその間にテーブルにあったレオのパスポートを見る。レオが22歳で、5年前は17歳だと分かったウェイウェイは「これって犯罪じゃないの」と思い、部屋を出て行く。

入れ違いで来たイードゥが、レオの部屋の呼び鈴を鳴らす。レオが裸で腰にタオルを巻いた姿で出てきたため、急いで部屋に入り、ウェイウェイを捜すイードゥ。レオはイードゥがDUの社長で、ウェイウェイの天敵だと知っていた。
部屋から出されたイードゥは「彼女はどこだ?」と聞くが、レオは「教えるもんか、どうせいない」と言う。「どんな関係だ」とイードゥが言うと「すご〜く、いい関係さ」と言うレオ。そんな2人の会話を陰からシャオが聞いていた。


翌日。シャオの運転する車に乗っていたウェイウェイは「以前の私って、すごく気が多くて、恋多き女だった?」と聞く。昨日、何となくネットを検索したら、記事や写真が見つかってね、と。「考えすぎだよ。そんなのはマスコミやパパラッチが大げさに書き立ててるだけだ。君は俺にだけ気がある」と言うシャオ。


ウェイウェイがいない間に、デザインディレクターを換えようとする副社長。そんな副社長とジェニーたちがもめる。
騒ぎを聞きつけて来たシャオは「いい加減にしろ。彼女は辞めないし、新しいデザインディレクターも迎えない。今も未来も永遠にだ」と告げる。リー・ウェイウェイの他に適材はいないと。


撮影スタジオ。アンドリューの我がままに「調子に乗るんじゃないわよ」と言うウェイウェイ。機嫌を損ねたアンドリューがウェイウェイを突き飛ばし、ウェイウェイの足がぶつかって機材が倒れてくる。ウェイウェイをかばい、頭をケガをしてしまうイードゥ。怒ったウェイウェイはアンドリューを殴りまくる。退散してマネージャーとスタジオを出て行くアンドリュー。


ウェイウェイは「普段はムカつくのに、以外と正義感があるのね」と言いながら、イードゥの手当てをする。「別にかばおうとしたわけじゃない」と言うイードゥ。ウェイウェイが「偶然てこと?」と聞くと、イードゥは「そうだ。よけようとしたら、足が滑っただけ」と答える。考えてもみろ、その顔に傷がついたところで大差ないと。


シャオは副社長の叔父を呼び「ウェイウェイが不在ででスタッフが動揺する中、デザインディレクターを募集するなんて。この隙に会社が狙われたら大変なことになる」と話す。笑いながら「私に怒りをぶつけられても困るな。リー・ウェイウェイがいつ戻るかも分からんし、ポストを空けたままにできるか?」と言う副社長。シャオは「彼女の代わりはいないし、デザインディレクターを決めるのは社長の俺だ。叔父さんじゃない」と声を荒げる。副社長は「実を言うと今回のことは会長の意向でな。彼女といい関係のお前が心を痛めるだろうと、この私に白羽の矢が立ったんだ。それに、いくらお前が社長だからって、父親には従うべきだろ」と言って出て行く。


アンドリューの代役が決まらず、スタジオで「モデルがいなくなったから、予定が台無しよ」とウェイウェイに言うティフアニー。「だったら自分でモデルを探したらどう?」とウェイウェイは言い返す。ティファニーが「厚かましいわね」とウェイウェイを叩こうとするが、その腕をレオがつかんで止める。「何しに来たの?」と聞くウェイウェイ。レオは「助けてやる」とウェイウェイに言うと「モデルが必要?」とティファニーに聞く。「そうよ」とティファニーが答え「だったら僕はどう?」と言うレオ。


レオがモデルになり、順調に撮影が進む。
ラストになり、カメラマンが「ドレスの後ろを見せたいので、女性は背を向けて」と言う。レオは「お願いがある」と言い、その相手役をウェイウェイにしてもらうことに。そこにイードゥが来る。

ドレスに着替えて来たウェイウェイに見とれるイードゥとレオ。レオが「ウェイウェイ、きれいだ」と言うと、ウェイウェイは「私を見たら目を潰すわよ」と言う。

撮影をしながら「昨夜、なぜ帰った?」とレオが聞く。ウェイウェイは「昔、私と何があったかは知らないけど、期待してもムダよ。私のことは忘れて」と言う。「忘れる?無理だ」と言うレオ。

撮影が終わり、レオが行こうとするウェイウェイの手をつかむ。「離してよ」とウェイウェイが言うと、笑顔で「嫌だ」とレオが返す。ウェイウェイが手をつねっても、離さないレオ。それを見ていたイードゥが2人の元まで行き、ウェイウェイの手を離させる。
レオがイードゥに「また会いましたね」と言う。ウェイウェイが「知り合い?」と聞くと、レオが「昨日、君が去って…」と言い始める。それをさえぎり「悪いが、リー・ウェイウェイには、まだ仕事がある」と言うイードゥ。
レオは「また今度、誘うね」とウェイウェイに言って、その場を後にする。

イードゥはウェイウェイに「玲瓏でどうだったかは知らないが、DUで働く以上は自覚を持ってくれ」と話す。公の場での男あさりは慎むように、と。「私がいつ男あさりを?マジメに仕事してたわ」と言い返すウェイウェイ。イードゥは「DUのイメージを落としてるだけだろ」と言う。


荷物をまとめたウェイウェイに「待て。誰が帰すと?」とイードゥが言う。「撮影が終われば玲瓏に戻れるって約束よね?撤回するつもり?」と言うウェイウェイ。イードゥは「アンドリューをモデルにできたらという条件だ」と返す。ウェイウェイは「寝ぼけてるの?レオはアンドリューより、はるかに格上のモデルよ。得しておいて図々しい」と言う。それでも「悪いがルールを決めたのは俺だ。君に逃げる権利はない」と言うイードゥ。


コピー機がメンテナンス中だと、ウェイウェイはたくさん手書きで書かされる。
怒ったウェイウェイは、イードゥの食べる菓子にわさびを挟んで仕返しを。食べたイードゥは、表情を変え、ウェイウェイを睨む。
会議室を出たウェイウェイは「解放しないなら、ゲームに付き合うまでよ。泣きを見るがいいわ」とつぶやく。


ツァオ・チョンが「あの輝煌娯楽が装飾ブランドとの契約を検討してるらしい」とティファニーに話す。輝煌娯楽は一流の芸能事務所だ、もし契約できれば所属スターのTV出演やライブや会見に至るまで衣装を着てもらえる、そうすれば露出度や話題性は今までの何倍にもなり、売り上げもあり得ない速度でアップすると。しかし、これまで多くの会社が社長にやり込まれていた。興味を持ったティファニーは「私が話をつけてくるわ」と言う。「君が出向いてくれれば、今回、商談成立は確実だな」と言うツァオ・チョン。

「なぜ?」とティファニーが言うと、ツァオ・チョンは「だってリウ社長は、君みたいな女性が好みでね」と答える。「つまり契約を取るため、犠牲になれってこと?」とティファニーが聞く。ツァオ・チョンは「人聞き悪いな。大きな商談なら、君も自分でモノにしたいだろ?」と言う。「あなたがやれば?」と言うティファニー。ツァオ・チョンは「そうしたいけど、俺は男だから無理だ」と返す。ティファニーは「1人、適任を思いついたわ」と言う。


ーつづくー


レオはすごく親しそうに話してるけど、ウェイウェイは忘れてしまっているんだよね?
どういう関係だろう?
ウェイウェイがレオを助けたことがあるのかな?
シャオにとってはイードゥだけでも頭が痛いのに…な展開かも。

何だかんだ言いながら、ウェイウェイが心配でたまらないイードゥが面白い(*≧ω≦*)
解放しないのだって、自分のそばに置いておきたいからだよね。
素直じゃないんだからっ(*´艸`*)

ウェイウェイの妄想がどんどんエスカレートしていく(≧▽≦)
今回のイードゥとの妄想は、1つのストーリーができそうなくらい凄かった!!

モー・ファンの古傷も何気に気になるんだけど…。



↓ポチッと押していただけると嬉しいな。
 よろしくお願いします
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

いつもポチッをありがとうございます(*´ー`*)


『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お茶会に参加してくださった... | トップ | 「台湾・中国ドラマのお茶会... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (くるみ)
2017-07-17 12:15:29
ホテルに向かうウェイウェイの車を追うイードゥ。その後を追うシャオ。の図が面白かったです(≧▽≦)
男性陣がこんなに心配してくれるのに何も気づいていないウェイウェイ。なんだか羨ましいですね(笑)

妄想シーンもどんどんバージョンアップしているような?
力作なので(笑)これを見てるだけでも楽しい~。

いつもイードゥにこき使われてて、色んな意地悪?されてるけど、ここぞという時には思い切りやり返すウェイウェイ(≧▽≦)
今回はワサビ入りのお菓子で・・・( *´艸`)
二人の関係はまだまだこんな感じで続いていくのかな?

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。