台ドラ+韓ドラで探せ!

台湾ドラマや中国ドラマ、韓国ドラマ、海外ドラマのあらすじなどが中心です。

台湾ドラマ「華麗なる玉子様〜スイートリベンジ〜」#20 あらすじ

2017年01月04日 21時24分07秒 | 華麗なる玉子様(台)

3課の皆からスーパーには誰と一緒に行ったのか突っ込まれるユータン。その時、ウェンカイからの呼び出しがユータンの携帯に届き、今度は直接ユータンにメッセージが来た事を皆に怪しまれてしまう。2人の関係に気付いているモン・ハーが「ユアーズの件で何か話があるのかも」とごまかしてくれ、ユータンは執務室へ向かう。


シンガポールの展示会の招待状が届き、3課の社員も派遣しようとウェンカイは考える。
ウェンカイが積み木を見ているところにユータンが。積み木が子供っぽいと思っていたユータンは、積み木に置かれた3課の社員の名前を初めて目にし、疑問を感じる。「CEOが作った3課の一致団結の象徴よ」と話すアイシャ。一番上に置かれたピンク色がユータンで、あなたの異動後、積み木を使いながら作戦を考え、あなたを守ってきたと。「ありがとう」とユータンはウェンカイに言う。
「おめでとう。自分の気持ちに気付き、いい結果を得られた」とアイシャが言い、ユータンはアイシャが2人の関係を知っているのではと感じる。そんなユータンに「彼女はよく気がつく、カンも鋭い」と言うウェンカイ。ユータンは気まずそうにアイシャにも「ありがとう」と言う。

ユータンは呼んだ理由をウェンカイに聞く。ウェンカイは“退勤後、一緒に帰ろう”という意味に決めた「あとで一緒にコーヒーでもどう?」と話す。しかし言い出したユータンはすっかり忘れ、何度聞いても最後まで気付かずに仕事へ戻ってしまう。「“コーヒー”は何かの合図ですね?」と聞くアイシャ。ウェンカイはあきれながら「彼女にも鋭くなってほしいよ。“一緒に帰ろう”の意味なんだ」と答える。そこにフイ社長からアイシャに電話が。
ウェンカイは夜、フイ社長と会う事に。


退勤時間にようやくウェンカイの“一緒にコーヒーを飲もう”の意味にユータンは気付く。自分が天才的に鈍いと後悔し、“今からでもコーヒーは飲める?”とメールを送るユータン。それをすぐそばにいたウェンカイが受け取り、歩きながらユータンの前までくると「せっかく誘ってやったのに冷たく拒否されたよ。悪いが急な仕事が入った」と言う。そして、終わったら電話する、と言うウェンカイ。


有名店のテイクアウトの差し入れを持って、ウェンカイはフイ社長に会いに行く。
気安い雰囲気のウェンカイに、気難しいフイ社長も心を動かされ「具体的にどう協力すればいい?」と聞く。しかしウェンカイは仕事の話は抜きで食事を楽しもうと言う。“仕事上の関係”は一時的だが“友情”は永遠だと。その言葉に他の会社の会長や社長とは違うと感じるフイ社長。


家に帰ったユータンはハイディを誘って食事へ。
ウェンカイはアイシャと一緒に仕事だと話すユータン。アイシャの写真を携帯で見たハイディは、アイシャがウェンカイにも下心がありそうだと思い込み「こんな女に甘えられたら男なんてイチコロよ」と言う。あんたの存在感を示せば悪さはできない、今すぐウェンカイに電話するようにと。

ユータンがウェンカイに電話をかけるとアイシャが出る。その周りには男たちの声が。「ケルビン(ウェンカイ)はトイレに行ってる」と話すアイシャ。
電話を切るとハイディが「やっぱり男に囲まれてる。声を聞けば分かるわ、典型的な女狐よ」と言う。それでも彼女は他人の彼氏を奪うようにな女性ではないとユータンは話す。


翌日。モン・ハーとジアインが客のフリをして、店鋪で美美を奪い合う作戦を実行する。そこに現れたユータンに「この新しい美美はどこの店でも品切れなのよ」と大げさに話すジアイン。周りいた客たちもその話を聞き、美美の在庫が補充されると急いで群がる。


別の店鋪ではリャンユーが外国人の姿をし、美美を探すフリをしていた。そんなリャンユーに話しかけ、美美のある棚まで連れて行くヨウルイ。リャンユーとヨウルイはリハーサルのつもりで演じていたが、動画を撮っていたフイシンがネットにアップしてしまう。本物の外国人じゃないとバレてしまうと焦るリャンユー。


3課の皆は不適切な映像で世間を混乱させ、会社のイメージを壊したとウェンカイに頭を下げる。「動画はさきほどネット上で見た。ひどい内容だった。とんでもないアイデアだな。妙なカツラにヘタクソな英語、消費者があんな映像を信じると思ったか」と厳しい口調で話すウェンカイ。しかしウェンカイが「よく聞いてくれ。努力を惜しまぬ人間だけが成功できる。君たちは本当に悪運が強いな」と話すと、恐縮していた皆が一斉に顔を上げる。
リャンユーの変装が消費者に受け、動画の再生回数十数万回を超えていた。効果もすぐに現れ、3課の皆は追加注文に追われる。


店鋪では美美の品切れが相次ぐ。忙しい1日に、達成感を感じる3課たち。
モン・ハーは残業続きだった皆に「明日の週末は…休日出勤禁止よ」と告げる。
皆で出かけようという話になるが、ユータンはうちの店がリニューアルオープンしたばかりで忙しくなりそうだと断わる。


翌日。ユータンとウェンカイはデートを楽しむ。ユータンを公園に待たせ、アイスを買いに行くウェンカイ。

買ったアイスを2つ持って公園へ行こうとしていたウェンカイは、3課のみんなに見つかってしまう。1人で街歩きをしていたと話すウェンカイに、ヨウルイが「1人なのに、なぜアイスを2つ?」と聞く。ウェンカイはどっちがいいかを決めかねて2種類のアイスを買ったと答え、モン・ハーも気を利かせ「お腹が空いたわ」とみんなを連れて行ってくれる。ホッとするウェンカイ。

3課の皆は今度は公園にいたユータンと会う。お店のリニューアルで忙しいと話していたユータンは、今すぐ帰ると言ってごまかす。皆が食事へ向い、ウェンカイがユータンの元へと来る。
「危うく3課の税員にバレるところだった」と話すユータン。ウェンカイは「知ってる、さっき俺もみんなに会った。だから立ち去るまで隠れてたんだ」と言い、ユータンは乗り切れたと胸をなでおろす。

ユータンはウェンカイの食べかけのアイスを食べる。それを去ったと思った3課の皆が見ていた。皆と一緒にウェンカイたちの前まできたモン・ハーは「ごまかしきれなくて」と謝る。


観念したウェンカイは、3課のみんなに自分たちが高校時代の同級生だったことを話す。その時はいつもケンカばかりしていたと。それでもウェンカイは「高校時代からずっと、僕の目には他の女性は映らなかった」と言って、ユータンの手を握る。

純愛のウェンカイに感動している3課の皆に、ウェンカイは「こうやって話たのは真剣な交際だからだ。しかし…1つ目、ユータンと恋人同士でも本人や営業3課をえこひいきする気はない。2つ目、この件は秘密にしておきたい。だから君たちもうわさを広めたりしないでほしい」と言う。3課のみんなは承諾する。

久しぶりにジアインの息子・ミンハオと会い「大きくなった」と言うユータン。ユータンが「別れたご主人は相変わらずひどいの?親権争いの件は?」と聞くと、ジアインは「心配しないで。実は最近、彼との関係はとてもいいの。ミンハオの養育費は出してくれるし、育児も手伝ってくれる」と答える。元旦那の目的が親権を奪うことならかえってマズいんじゃ?と心配するヨウルイ。ジアインは「大丈夫よ、彼はすっかり変わった。美美の営業で走り回れるのは彼のおかげなの。父親らしくなったし、子供にも必要な存在よ」と言う。


ーつづくー


あらすじが書けてよかったー。
年末の放送で、バタバタしていたから書けずに年が明けてしまって。
去年からの宿題が残ってる感じがして気になっていたの。
そろそろダラダラしていたお正月気分も何とかしないとですねヾ(・ω・`;)ノ

結局、3課の皆にも付き合っている事がバレちゃった(≧▽≦)
でも、その方が付き合いやすいかも。

私もジアインの元旦那さんのことは心配。
あの旦那さんが変わるとは思えないよ(;´д`)ノ
ジアインはヨウルイと結ばれるといいのに。

次回はいよいよズーユーが帰ってきて、ユータンがウェンカイと付き合っている事実を知る事に。
どうするんだろう、ズーユー。
簡単に諦めてくれたらいいけど…。



↓ポチッと押していただけると嬉しいな。
 よろしくお願いします
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

いつもポチッをありがとうございます(*´ー`*)


『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1月からのドラマ | トップ | 「新年お茶会+」のお知らせ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。