歴歩

歴歩 歴史は歩く。ゆっくりと歩く。それを追いかける。

全南千徳里・懷德古墳群3号墳 6世紀前後の葺石を施した横穴式石室を持つ円墳と判明

2016-10-31 08:45:28 | 韓国の遺跡・古墳など
 全南道によれば、全南和順綾州面千徳里懷德古墳群(천덕리 회덕고분군、全南道記念物192号)の3号墳を調査した結果、直径22.17m、高さ5.3mの6世紀前後に築造された円形古墳とわかった。
 封墳表面では葺石と横穴式石室が確認された。
 石室壁面と木棺には「永生不滅(영생불멸)」を象徴する朱漆装飾が施されていた。
 埋葬施設には50年の間に4人以上が追葬されたらしい。
 出土遺物は器台、高杯、蓋杯等土器類、刃物・斧・矢など鉄器類、金製耳飾り、玉(勾玉など)など100点余り。
 出土遺物などから、6世紀前後にこの地域に大規模勢力集団が存在し、百済、大伽耶、倭と活発な交流がされていたようである。
 今回の発掘は文化財庁の許可を受けて大韓文化財研究院が行った。
[参考:聯合ニュースなど]

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 南あわじ市松帆地区 松帆銅... | トップ | 盛岡市中央公民館 「御薬園... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL