歴歩

歴歩 歴史は歩く。ゆっくりと歩く。それを追いかける。

南あわじ市松帆地区 「松帆銅鐸」3号銅鐸と雲南市・「加茂岩倉銅鐸」27号銅鐸 同笵鋳型製と判明

2016-10-15 20:51:26 | Weblog
 奈良文化財研究所などへの取材で14日、昨春、兵庫県南あわじ市で見つかった「松帆銅鐸」7個のうち3号銅鐸(高さ31・5cm)が、島根県雲南市で1996年に出土した「加茂岩倉銅鐸」(39個、国宝)の27号銅鐸(高さ31・4cm)と同じ鋳型で作られた同笵(どうはん)銅鐸であることが分かった。
 ともに、型式は外縁付鈕1式で、文様は4区袈裟襷文。鋳造時に表面に付いた細かい傷の位置もほぼ一致した。松帆3号には「王」、加茂岩倉27号には「土」のような線の記号が同じ位置に確認できたという。
[参考:共同通信、神戸新聞]
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 向日市・五塚原古墳 首長の... | トップ | 彦根市・稲部遺跡 邪馬台国... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL