歴歩

歴歩 歴史は歩く。ゆっくりと歩く。それを追いかける。

羅州市・丁村古墳 殯葬を行った可能性を示すハエのさなぎの殻を確認

2017-04-19 08:04:54 | 韓国の遺跡・古墳など
 国立羅州文化財研究所は17日、2014年12月に羅州市・丁村古墳(정촌 고분)1号石室から発見された1千500年前の金銅靴から、ハエ(蠅、파리)のさなぎの殻が確認されたと発表した。
 金銅靴内部の土を整理する過程で埋葬者の踵(かかと)骨片とともにハエのさなぎの殻約10個を検出して法医昆虫学的分析を進めた。
 これは葬儀を行う時、死体をすぐに埋めないで、外部で一定期間儀式を行った後に埋葬する、殯葬(빈장)の可能性を示すこととして注目される。
[参考:聯合ニュース]

過去の関連ニュース・情報
 丁村古墳
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 奈良県高取町・与楽キタヤマ... | トップ | 奈良県田原本町・唐古・鍵遺... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL