ザスパオヤジの観戦日記

ザスパクサツ群馬オヤジサポーターの試合観戦記です。
熱く燃えるサポーターズスタンドからレポートします。

返り討ち(第38節ホーム清水戦)

2016-10-29 21:46:13 | ホーム観戦記

ホームに清水エスパルスを迎えての第38節。


アウェイ戦では思い出したくもない歴史的大敗を喫した相手、
なんとか一矢報いたいところだったが、
思いっきり返り討ちにあってしまった。

きょうのスタメンは、

吉濱がスタメンに復帰したが、まだ本来のパフォーマンスではなかった。 

開始早々4分、大前に 度肝を抜かれるダイレクトミドルボレーを叩き込まれて先制を許す。

その後、4試合連続のアベックゴールをテセに決められ、0-2となりさらに追い詰められた。

しかし、選手はひるむことなく清水ゴールに迫ったが、最後のフィニッシュを決めることができない。

後半立ち上がりもクサツが優勢に進めたが、清水DF陣の壁は固く、こじ開けることができない。

1点入れば流れが変わると、前掛りになったところを清水に突かれ、痛い3点目を取られて万事休す。

楽になって、次々にフレッシュな選手を投入してくる清水に翻弄されて、4点目も許して結果的には完敗。


冷静に見れば、個々の力の差もチーム力の差もあったので、当然と言えば当然の結果だと思う。
最初から力の差を認めて、引分け狙いのドン引き作戦という手もあったと思う。
しかし、ウチは勝ちに行くため前掛りの攻めを選択。
結果裏目に出て0-4と大敗を喫したが、私個人としてはきょうの戦い方は嫌ではないし、間違っていないと思う。


群大駐車場まで、帰り道で知り合ったの2人の清水サポと談笑しながら歩いた。
わたしは、「もう2度とアイスタに行きたくないから、とっととJ1に帰ってくれ!」と言ったら、
「12点も点をもらって有り難うございます。」とお礼を言われてしまった、
悔しいから、「なんでこんなに強いのに、今ここ(J2)にいるんだ?」と嫌味を言ったら、
「そうなんですよね、去年は合ってなかったんですよ....」と言って沈黙してしまった。
最後にお互いの健闘を祈って、ガッチリ握手をして別れた。

彼らは松本の動向を気にしていたが、きょうの勢いなら清水のJ1復帰は大丈夫だと思った。

さて、リーグ戦も余すところ4試合となった。
次節アウェイ岐阜戦は、土壇場でのホントの正念場になった。
現地には行けないが、群馬から応援の念を送ることにしよう。
それにしても、リーチのかかっている瀬川とマツが、黄紙をもらわなくてよかったな。

P.S.
ハロウィンには何の興味もないが、湯友が可愛かったので1枚。


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 無念の逆転負け(第37節横... | トップ | J2残留決定! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ホーム観戦記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL