ましログ

極私的記録

我執と反抗から謙抑と調和へ

2017-07-13 01:52:27 | 日記
相変わらず母に次郎物語を読み聞かせる日々。

リハビリをして母の体をほぐした後
ベッドの背を起こして座らせる。
時々むずがって体が傾くのを直しつつ
痰を吸引して落ち着かせる。

片手で母の手を握りながら
もう片方の手で本のページをめくる。
声に出して読む。
そうすると母は落ち着いて眠る。

1部と2部の筋はなんとはなしに覚えていた。
子供の頃、寝る前に母に読んでもらった記憶。

今読み返してみると
全く新しい発見と教えの深さに感動する。

特に今読み進めている3部は素晴らしい。
全く記憶に残っていない、、、
もしかすると3部以降は
読んでもらっていないのかもしれない。

が、今の自分の心境や
社会、他者、人生に対する捉え方を変えてくれる。

円を描いて円を消す
無計画の計画
利己から利他へ
人間に例外はない、人の本心はみんな美しいのだ

下村湖人の紡ぐ言葉に
救われる日々。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バイコヌールへの誘い | トップ | 太陽をつかんでしまった »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL