cafe' でぃず

 
 ¨¨・。〇 …… ……*

年賀状

2017-01-08 20:19:47 |  お話。

 

  ◆私に宛てた年賀状

 

昨年の暮れ。

日本郵政に勤めると思われる方々が街のあちらこちらに立つ姿を見た。

赤いエプロンかなにかを身につけ、

寒空の下で、〈年賀はがき〉の販売を行っていた。

その人たちのそばを通りすぎるたびに、わたしはどこか複雑な気持ちになった。

 

知人の一人から、年賀状をいらないか?と言われた。

話を聞くと、 たくさんあるので買ってほしい、とのことだった。

 

書かなくなってどれほど経つだろう・・・しっかり記憶から消えている、

それほどの長い年月が経過したんだろう。

そして2016年(平成二十八年)もまた、

同じようにして終わろうかという矢先に、

わたしは彼から数枚の年賀状を買った。

誰かに向けて出す予定もなく、また、詳細について尋ねたりもせず。

しかし世間で見聞きしていたあれやこれやから、

知人の彼が見せる、どこか懇願するような声色や顔について深く考えなくても、

大方のことは予想がつくものだった。

数日後にわたしは彼に、260円分の硬貨を手渡した。


年賀状を受けとり、さてどうしたものかと考え、

そのうち三枚にわたしは自宅の住所を書き、郵便番号を記入し、

そしてポストへ投函した。

 年が明け、その三枚が無事に自宅に届いた。

 

表も裏も、三色から五色のカラーボールペンで走り書きされた、

わたしの氏名と新年の挨拶。

あたりまえだが、これらを元日の早朝に配達をしてくれた方がいる。

届けられた年賀状を見ながら、もっときちんと書くべきだったかと、

今頃になってじわじわと、やや後悔の念をにじませつつ、

知人や数名の仕事仲間、彼らに宛て返事をしたためている。


わたしの迎えた新年は早々に、

そんな有り様で幕が開かれた。



 end

 

『ささやき』 ジャンルのランキング
Comments (2)   この記事についてブログを書く
«  - NO IMAGE - " 砂漠化 " 3 | TOP | kuwon dosi - " わ " »

2 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (テクテク)
2017-01-09 13:00:46
こんにちは。

優しいんですね(^J^)
ほんわかしました。

宜しくお願い致します。
御感想ありがとうございました (もりもり)
2017-01-21 02:09:24
テクテクさま こんにちわ。
コメントを頂きまして、ありがとうございます。
ごあいさつが遅れてしまいました。
                       
ほんわかされたとのこと。
よかったです。

お年玉は、ハズレました...

宜しくお願いします。

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Recent Entries |  お話。