blog

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

一次難忘的擁抱  

2017-01-03 15:16:32 | 日記

一次難忘的擁抱  

 1983年夏天,年逾古稀的婆婆患了一場重病,我趕緊從油田請假回家看望老人。到家後,我來到婆婆牀前,精心護理照料,給婆婆洗臉、擦身、按摩肢體,給婆婆調理飲食,做可口的飯菜補養身子,以彌補不能在婆婆身邊長久伺候的愧疚。   在家那5天裡,我全天候圍著婆婆轉,就像兒女般對老人。婆婆在牀上不住地念叨:「平兒,婆婆甚麼都沒有給過你,你為啥待http://www.clinicz.com.hk/醫學美容/hifu-vs-RF射頻-vs-水光槍.php我這般好?」我說:「媽把自己疼愛的兒子給了我,我做媳婦的當然要孝敬您老人家啊!」一句發自內心的肺腑之言,說得婆婆在牀上樂開了花。   說實話,身為兒媳的我,與兩個長期守護著女兒比,我確實做的太少了,我也深感自己對老人盡孝的不夠。由於工作忙,只在老家陪了婆婆短短5天,我就得回油田上班了。那天中午,我把一切為婆婆安排好後,便走出家門準備乘車離開,然而在我回頭時猛地吃了一驚:婆婆竟然拄著拐棍踉蹌著走出大門,還用一只手遮擋著刺眼的陽光,在吃力地目送分別的兒媳呢!看到這一幕,我趕緊回到婆婆身邊,緊緊地擁抱了婆婆……   一次難忘的擁抱婆婆在我懷裡有著片刻的痙攣,然後,哽咽著:「我養大了五個女兒,從來沒有得到女兒的擁抱;卻在今天,得到http://cynthiachui.pixnet.net/blog/post/109343411-MediLASE%20激光脫毛%20VS%20Dermes%20秘密大公開!%20你以為你知?%20其實你唔知!了兒媳婦的貼心擁抱,我值啊,我好幸福……」說著說著,婆婆抱著我像小孩子似的放聲大哭起來。此刻,我很理解,婆婆的哭是老人對愛的一種渴望,是老人對兒女的一種思念,也是老人對心靈荒蕪的一種宣洩。   這次與婆婆的擁抱令我終生難忘。因為那一刻,我深有感觸:家有老人,更應體諒他們的精神追求,更要體諒老人的寂寞,他們有時就像嬰孩一樣,迫切需要肌膚之親。而給予老人適當的愛撫,並不需要投入過多的精力,只要作晚輩的稍用心思,拿出照顧孩子十分之一的愛心和耐心,哪怕是給予一個深情的擁抱,就是對老人的最大安慰。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 奪命字帖 | トップ | 大山的巨大太陽帽   »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。