slow lifeで行こう!

鉄道ネタが中心の気ままな不定期更新です。
時々脱線するかも??

さようなら北斗星号

2015-09-19 00:46:47 | 旅行
前回から4年振り?
随分久しぶりの投稿となります。
放置期間が余りに長過ぎてID パスワードも忘れてしまってログイン出来ない!
という失態もどうにか無事に乗り越えてました  苦笑…

生活環境が変わってから模型弄りは相変わらず休止中ですが、
最近はHOのDCCに手を出してしまったりと、少しずつ復活の時期を伺っている状態ではあります。

…さて、本題にはいります。
ブルトレ最後の砦だった北斗星号の廃止(定期運転)の報道を耳にしてから、時間とお金が許す限り
乗ってやろう!と決心したのが昨年の秋頃の事。
今年に入り1月の下り、臨時運転になって5月に上下、そしてラストラン3本手前の8月20日上り乗車と
今年で4回の乗車、5年前の10月と合わせると合計5回の乗車。結果、春夏秋冬制覇!

5月乗車の時の客車ドア誤作動によるダイヤの乱れにより急遽旅行スケジュールの変更を余儀無くされた事
切符の入手が困難を極めた8月乗車の時を含めて様々な事が今となって良い思い出になりました。
そして何より、この破天荒な旅行に準備から喜んで協力、同行してくれた妻に感謝です!!

毎度の事なのですが、余り写真を撮っておりませんが
一応、一眼レフと手持ちのスマホで撮影した画像を以下、ダイジェストで目一杯貼り付けておきます。

※画像クリックで拡大します。


まずは1月乗車、定期運転時です。

 

予め判っていた事ですが、人が多過ぎて駅撮りではまともな写真が撮れません。
取敢えずは釜の車番を確認します。512号機でした。

  

ツインデラックスに乗車します!

 

乗車した車両は側面客室側の窓が大きな事が特徴的なオロネ24 501でした。
経歴を調べてみると、改造種車はオハネ24 24だそうです。
因みにこのツインデラックス、国鉄時代の最末期に作られ一時期「ゆうづる」に先行採用されていたそうです。
そう、つまりJR以降の「北斗星」の歴史よりも少しだけ長い先輩格なのです。

 

国鉄型の夜行寝台車特有のデッキ付近の寒々とした雰囲気に哀愁を感じるのはきっと私だけでは無い筈…
JR以降に改造された車両でもこの空間のニオイだけはどの車両にも健在な様です。

 

  

 

食堂車のパブタイムは待ちの長蛇の列…
食事にありつける迄に1時間位は待ったでしょうか。

 

夜行列車の食堂車での食事は格別です。値段は高いですが…



深夜のグランシャリオ。
宴の後の静まり返った空間にちょっぴり寂しさも感じてしまいます。

 



夜が明けるとそこは北海道 激寒早朝の函館駅にて。

 

 

車窓の雪景色がとても綺麗だったので、慣れない一眼レフで何枚か撮っておきました。
それにしても天候に恵まれて良かった!

 



札幌到着です。
この時が定期運転最後のお別れ乗車となりました。



続く…
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

さようなら北斗星号 Part2

2015-09-19 00:44:09 | 旅行
少し長くなりそうなので、3回に分けて投稿する事にします。

見出しの画像は上野駅にて今年5月に乗車した時のものです。
前日の上り北斗星の乗降ドア故障の影響で上野始発3時間遅れとなりました。

※画像クリックで拡大します。

 






この時は仕事のスケジュールの関係で充分な休暇が採れず、下り北斗星乗車で札幌駅着から
在来線昼行特急と新幹線乗り継ぎでトンボ帰りする予定でした。
3時間遅れで出発した北斗星ですが、その遅れを取り戻せるわけも無く(別に望んでもおりませんが)
往路で乗車予定だった上り列車全てキャンセルする羽目になってしまいます。
しかも悪い事に札幌駅12時着の時点で当日中に東京へ戻れる乗り継ぎダイヤの列車はもう有りません。
明日は朝9時から仕事が有るのに、さて困った…
空路での帰りも一応念頭に置きつつも、取敢えずみどりの窓口へ問い合わせてみる。

今日の「上り臨時北斗星」の空席有りますか?

B寝台開放ですが2席空いてますよ、との返答。これはラッキー!
仙台駅で途中下車して新幹線に乗り換えれば仕事にも充分間に合います。



そんな訳でまさかの帰路での北斗星乗車です。全く想定外の展開に感激です!



合席した一人旅の方と話が弾み、あっという間に夜は更けて行きます。
いつの間にか寝てしまったのか、気が付けば早朝の東北本線を列車は走っております。
もうすぐ下車です!



合席の方とお別れの握手を交わし仙台駅で下車。名残惜しいけれど仕方無いですね…
又乗れば良いですし。



仙台始発のはやぶさ2号で東京へと急ぎます。
それにしても北斗星2時間後追いで1時間半先行する新幹線のスピード恐るべし。
因みに仕事には余裕で間に合いました!

続く…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さようなら北斗星号 Final

2015-09-19 00:41:44 | 旅行
これで正真正銘、北斗星運行最後の乗車となります。
ファイナルラン間際の混雑を避けたかったので、6月下旬〜7月上旬頃を狙っていたのですが、
もう既に切符の入手が難しい状況にありました。
みどりの窓口10時打ち(勿論一番乗り)でも玉砕する事数回。
その内に窓口一番乗りを狙う人(北斗星狙い)の待機時間が段々と繰上って行き、始発電車に乗って行っても
一番乗りを確保する事さえも困難な状況になって来ました。
恐る恐るヤフオクを覘いて見ると、想像を絶する入札金額が見え隠れします。

今迄のブルトレ乗り鉄旅は繁忙期を避けていたので、希望乗車日の切符入手は比較的楽でしたが
今回はその様な事情もあり、トライ&玉砕を繰り返している内にお盆前の繁忙期に差し掛かってしまい
状況は最悪に…

もうダメかもしれない。
次で取れなかったらもう諦めよう…

妻と共同で最終作戦を仕掛ける事にしました。
自宅から最寄のみどりの窓口が幸い、いつも通い慣れた所という事もあり、始発電車よりも早い時間に
直接車で乗り付けて一番乗りを確保するというもの。
当日は私は仕事が有ったので、妻が代役を快く引き受けてくれました。
殆ど諦めモードに入っていた私ですが、10時ちょっと過ぎに妻からの着信…

何やら泣きながら喋っているので良く聞き取れません。
逸る気持ちを抑えながら、どうだった?と聞き直して見ます。

「取れたよ〜第一希望のツインデラックス!!」

あぁ、諦めないで良かった!ホントに良かった、ありがとう!

…そんな訳でプレミアムチケットの入手に成功、乗車日は1ヵ月後ラストラン2日前の札幌発上野行きとなりました。


…さて前置き長くなりました。
出発当日の様子です。上り列車乗車が目的ですが、北海道へは空路では無く敢えて鉄路を選びます。
いつものコダワリです。
東京駅にて。





とにかくひたすら北へと向かいます…





ようやく札幌に着きました!
新幹線乗り継いでもやっぱり遠いなぁ、という実感。



時間が近い事もあり、せっかくなので上りカシオペア号を見送る事にします。



この日は小樽へ移動、一泊して観光します。



 

北一硝子の店内にある北一ホールです。167個の石油(灯油?)ランプで照らされた喫茶店内がとても素敵な雰囲気です。
小樽へお越しの際は是非一度。お勧めスポットです!

※店内の撮影は許可を頂いております。



翌日札幌へ戻り、いよいよ北斗星号乗車です!
苦労して切符を入手しただけに乗車時の感激もひとしおです。



未だ日が高いうちに出発する寝台列車は初めての経験故に新鮮な印象。
北海道内走行中には、沿線で撮り鉄以外でも老若男女問わず手を振って見送る方々の多さが印象に強く残りました。
東京よりもきっと北海道民の方が思い入れの強い列車なのでしょう。





後続列車退避の数分間の停車の度に乗客が次々と降りて来て撮影会が始まります…苦笑
東室蘭駅にて。



函館駅では乗客の殆どがカメラを手に先頭車へ走るという事態に…
ファイナルラン間際を実感させられるひとコマです。
私はというと、タバコが吸いたくてずっと我慢していたので喫煙所目指して走ります!
…とは言いつつもその道中にてしっかりと一枚撮影済み。



翌朝、東大宮〜蓮田付近を走行中。
撮り鉄の方達ともお互い手を振って挨拶を交わします。



お別れの時が近付いて来ました。
終着、上野駅到着前の車内放送付きの動画を最後に貼り付けておきます。
画像 音声の乱れがありますがご容赦頂ければ幸いです。


2015/8/21 上り臨時北斗星車内放送



上野駅到着後、写真を撮ろうとしましましたが余りの人の多さに諦めました。
思い出と共に記憶に焼き付けておいたのでもうそれだけで充分だと思います。

明日の上り列車で北斗星号、そして優等列車としてのブルトレの歴史に幕を下ろす事となります。
時代の流れには逆らえませんが、旅の手段の選択肢が又ひとつ減って行く事に寂しさを感じます。

さようなら 北斗星号、そしてありがとう!


終わり。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

引き続き更新休止のお知らせ。

2012-08-06 00:12:01 | 日記
毎日暑いですが、皆さん如何お過ごしでしょうか?

更新が滞ってからかなりの月日が経ちますが、私は元気です。一応…
昨年転職してから以降、生活パターンの変化と共に新たな資格取得の為の準備、
又、膨大な仕事量を抱えながらバタバタとしている間に、あっという間に月日が流れ去って行く、
そんな最近の日々であります。

体力、気力共に仕事で使い切ってしまって、
情け無い事ですが、自分の時間で集中力を発揮する事もままならない状態です。
それでもたまに、しっかりとバイクには乗ってますが。(ストレス解消の為、必須!)

そんな訳で、まだしばらくはこんな状態が続きそうです。
更新を心待ちにしていらっしゃる方々には本当に申し訳無く思っております。

ですが、いつか必ず戻って来ます!

お盆には一区切り出来そうなので、久しぶりに何か作れるかな??

それでは又!


コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

又バイクネタ。

2012-02-13 02:40:04 | 日記
昨年末マフラーを交換して以来、模型放ったらかしにしてこっちばかりです。
しつこい様ですが又バイクネタです。
寒さなんて何のその・・・と言うのは半分ウソです・・・
こういう乾燥した寒い冬晴れの日に限って、エンジンの調子がすこぶる好調でもあったりして、困ったものです。

さて、外観上以前から気になっていた幾つかの部分に小細工してみました。



スイングアームのピボットシャフトが貫通するフレームの穴を塞ぐカバーです。
社外品でステンレス+アルミニウムの削り出し一品物なのですが、問題だったのは元の色。



丸い淵の部分のカナブンみたいな色、判りますでしょうか?
車体全体のイメージからは明らかに浮いていて正直な所、何気に気にはなっていた。
で、フレームと同色のソリッドブラックに塗り替えて見ましたと言う訳です。
使用した塗料は模型用では無くて、自動車補修用のウレタン塗料+クリアコーティング。



アフターです。
勿論、反対側も・・・



あー、スッキリした!

ですが、未だこれだけでは終わりません。



普通は一番最初に手を付ける部分であろう、リアフェンダーレス化。
私の場合はオーナー12年目にして初です。
アルミ板を加工して自作しようと思っていたのですが、何だか面倒臭くなって来たので中古のキットを使用。
併せて前後ウィンカーをLEDの小さなものに交換 (この大きさで車検対応だそうです!)
H・D (ハーレーダビットソン) 用の海外物パーツを、さり気無く流用してやろうかと物色していたのですが、これっ!
というものが見付らなくて、結局デイトナ製の汎用品に落ち着きました。


次、サイレンサーのステーです。



見た目スッキリなアルミ製の汎用品を曲げて(硬かった・・)加工して取り付け。
ブランド名のでかい刻印が刻まれた以前のは実は好みでは有りませんでした。

そして締めくくりはカーボン製のサイドカバー!
この手に良く有りがちな〜風ではなくて、カーボンファイバー製です!
敢えて無塗装、車名のピンストライプも無し、このままで装着する事にします。



取り敢えずはこんな感じで落ち着きました。



そして反対側



メッキ、バフのギラギラ感はやり過ぎない?これ位の感じが、見た目のバランス的には良いんじゃ無いかと個人的には思ってます。
ノーマルのフォルムも極力残していく方向です。
後は日常メンテかな?
今迄はエンジン廻りを中心に手を入れて来ましたが、今後はブレーキと足廻りが課題ですね。
おっと、これも通常とは逆の順序だったりして 汗。
パーツの消耗度合いとお財布の中身と相談しながら、これからものんびりとやって行きます。


最後にお気に入りのアングルから一枚パシャリ!




それでは又!

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加