ゴルフタイムスの世界   Eagle Eye

ゴルフタイムス編集の古賀のイーグルアイは、焦点を外さないのが自慢です。面白くて、実践的で参考になる記事を提供したい。

US Open 2017 DAY 3 ムウビングデイ、 各選手拍車をかける、J.Thomas 63 新記録

2017-06-18 | 危うい日本のゴルフの世界

英樹、6打差を追って、ファイナルに挑む !!!

3日目、スコア伸びず!!!

B.ハーマン、12アンダーでトップ

 

US Open 3日目は,ムウビングデイらしく、各選手が自分に鞭をいれた。英樹は、スネデカーとプレー、昨日のような波に乗れない。18番をバーデイにして、ファイナルデイへの気力を奮い立たせた。

今日の圧巻は、ジャスチントーマースが、667ヤード、18番、セカンド、スプーンで299ヤード飛ばし、2メートルにつけてイーグル、44年ぶりにジョニーミラーが記録した64ストロークを一打塗り替え、open史上の63の新記録を樹立した。本日だけ、9アンダーというスラッガーらしいビッグスコア、一挙に上位に立った。

トップ争いは、open優勝のない選手がヅラリと顔をそろえた。英国のFleetwood とHarman、リッキー、ケプカ、

   

トーマスの5人が4位までにいる。ケプカも、667ヤードを3wで高い球でグリーンにダイレクトでつかまえ、イーグルチャンスさえ迎えた。レフテイのハーマンは、確かなショットを続けて、安定感を漂わせている。

いずれにしても、タイガーのようなビッグワンがいない世界、どの選手が王座に就くのか、全く読めないOpen である。日本のどこを探してもない次元が違うグリーン周り、世界は、遠いところにある。

記者には、ボギーを打たない B.ハーマン選手に、60%の勝利の確立があるとみているのだが。全く、予測がつかないOpenは、経験がない。リッキーの優勝もあるとも言える。いざ、勝負になると、別次元の力を発揮するからだ。優勝の数字が、15,16アンダーまで伸びるのだろうか。

宮里、小平 スコア落す、はるかなる実力と経験の差に処方箋がない。Open ファイナルまで、プレー選手の中では、英樹が世界4位で最高位である。

名誉にかけて、6打を追って、覇権に挑む英樹、 応援パワーは、届くのか?

英樹!!の声がアメリカのファンから聞こえる!!!19回目のメジャー挑戦だ。

 

 

 

 

ジャンル:
速報
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« US Open 2017 DAY 2 ... | トップ | US OPEN Final day 風、強... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。