ゴルフタイムスの世界   Eagle Eye

ゴルフタイムス編集の古賀のイーグルアイは、焦点を外さないのが自慢です。面白くて、実践的で参考になる記事を提供したい。

國際情報を察知せよ、中国に弄ばされたアメリカ外交と北朝鮮の脅威

2017-07-31 | 日本時事新聞社

アメリカは、非常事態のスキームに入ったのか。

アメリカ国民を守る主義主張を旗印にして

北朝鮮を甘くみていたのでは?

 

アメリカ外交の息詰まりをどのように日本は独自外交を推進できるのか。アメリカは、中国が北朝鮮を押させる手段として、綿密な外交を展開したはずであった。しかし、北朝鮮が瓦解した場合、難民問題や政治問題の中核を担うのは中国とロシアであり、韓国になだれ込む難民処理は、韓国だけでは、到底、解決できないほど、膨張し社会経済の根本が崩壊しかねない。日本もかなりの影響下に置かれ、政治、経済ともに、米国の傘の下にあっては、自由が利かない体制が杞憂させれる事態になる。アメリカも日本も、北朝鮮を徹底的な調査に懈怠したといってもいいのではないか。つまり、北の国民が、呑まず食わずの餓鬼状態の経済で、ICBMなど完成させるわけがないと踏んでいたのでは。軍事力も、ロシアの古びた製品だけで、アメリカなどの先進技術に比較すれば、軍隊の人間の数だけで、とるにたりない国家だと勘違いしていたのではないか。FBIやCIAの情報は、日本を頭ごなしにアメリカ枢軸に詳細に北朝鮮問題を分析して、十分ではなかったのか。アメリカは、中国をおだてて、北朝鮮をけん制するつもりで外交を強化したつもりでも、どうして、長い長い国家の歴史を持つ、中国政治にそう簡単に楔を打てるわけがない。裏面から見ると、完全に、アメリカ外交が手玉に取られ、アジアの危機が一挙に増したといえる段階に突入した今日である。ロシア、中国から見れば、北朝鮮は、前線のデフェンスバリアであり、アメリカをけん制する最大の要塞であると考えているのである。つまり、図式では、西側対ロシア、中国、北朝鮮であると明白である。日本は、独立しているようで、平和をアメリカの核の傘の下で、維持している西側の最先端の国家であるから、北朝鮮は、アメリカから軍事攻撃を受ければ、当然、日本の重要地に北のミサイルが飛んでくる危険性は、パーセンテージを振り切っている。その事実を克明に発表すれば、日本は、パニックに墜ちる。日本の政府に、危険信号が赤であると意識があっても、野党あたりが、加計学園などや大臣の揚げ足をとって、国家意識の発奮を必要としているときに、マイナス思国際政治音痴では、日本国民の命は守れない。だから、日本国民は、日本の現状をしっかり把握した政治を求めているのである。バッジをつけて先生と呼ばれる議員が、超党派でこの難局をどう乗り越えるか、テーブルにつく時である。未来を透しできるバッジ連が、団結をして、国難に立ち向かう気構えを持つべきである。その気が無かれば、バッジを外せ。議員をやめるべきである。

日本は、最大の危機を迎えたのではないか。正面から問題に向かって、問題から逃避すべきではない。超党派で国難を排する気概を国民に示せ!!!

 

REUTERSは北朝鮮、ICBM発射成功と発表 金委員長「米本土全域が射程に」と報じた。
アメリカは、攻撃しないと中国も北朝鮮も、分析している。戦争になれば、世界の終焉にもなりかねない。北の難民を怖れる中国の本音である。だが、危険極まりない緊急事態には、変わりはない。アメリカは、日本を守り切れないカオスに入る可能性を外国の有識者は示唆している。
               日本時事新聞社 デスク  古賀剛大
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 146 The Open Championsh... | トップ | ISPS ハンダ マッチプレー選... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。