ゴルフタイムスの世界   Eagle Eye

ゴルフタイムス編集の古賀のイーグルアイは、焦点を外さないのが自慢です。面白くて、実践的で参考になる記事を提供したい。

US Open Day 1 Rickie Fowler ボギーなしの7アンダーパーの快挙で走る

2017-06-16 | 危うい日本のゴルフの世界

リッキー, 奔る。

44人がアンダーグループ,29タイだ。

USGAの歴史が始まるのか?

驚いた。こんなコースでボギーなしの7アンダーを出せるなんて。リッキーファーラ―の底力を見せつけられたようだ。まだ、ロリーマクロイが一番ホール、スタートしたばかりなので、中間報告である。このコースでは、ボギーをいかに減らすかが、カギである。リッキーは、ボギーを打たなかったのは、かなりの手ごたえとマネジメントの勝利だろう。すでに、優勝予想のスコアを超えているので、あすからの戦いに興味をそそられる。今日のような、神がかったプレーは、先ず、期待できないと記者は自分自身を納得させてる。

そんなに、やさしいコースなのか?P.ケーシー、6アンダーなど、アンダーパーに44人もいる。目も耳も、疑いたくなる好スコアの連続❓日本勢は、勇太、勇作、秀人がイーブンパーで45位連。小平、1オーバー、英樹、2オーバーで、82位、周吾 4オーバー

何か、おかしいな?世界屈指に難易度を誇るUSGAのエリン、何が、やさしいのか? コースが、牙をむくのは、明日か?まさか、エースの英樹が、予選突破できないなんて、ないだろうな。先の読めないUSGAのオープン、記者も、耄碌したか。ボケの始まりか?ボケジュールだ。アーニーエルスだって、2アンダーだよ。アマチュアの4アンダーも立派だ。

さあーー。読者諸君!!!どう読みますか? レポート。tj。古賀、USGA reporter joseph Gordon 

 

 

勇作は、楽しんでゴルフをしてるので、プレッシャーはない。好スコアを維持できた。さすが、秀人は、ボギー2個,バーデイ2個のイーブンボギーが少ないのが、決勝への道だ。期待の英樹は、4バギーをうち、15番では、二打目の104ヤードを直接入れてイーグル、やんやの喝采を浴びて、大きなジェスチャーをしていたが、結果は、2オーバーパー、2015年、王者のスピースが、ワンアンダーだから、このあたりが優勝戦線へ残っていく。記者は、日本人の予選クリアは、二人と言っていたが、英樹、秀人だと考えている。勇作は、決勝進出の意識がつよいと、しっぺ返しを食らう可能性が大である。もちろん、通過してくれれば、選手会長でもあるので、弾みができて日本のゴルフもやるもんだと評価される。勇太、小平は、まだテイ―オフまえだ。今調子を上げている周吾は、ボギーがおおく、4オーバーで、明日が勝負。バーデイが取りづらいコースだけに、ボギーが先行すると、厄介である。全員の健闘を祈る。

どうなって、いるのだ?US オープン。ハラハラ、ドキドキ感が増幅してきた。

日本の実力が、試される?????

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« US Open 、Erin Hills  begi... | トップ | US Open 2017 DAY 2 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

危うい日本のゴルフの世界」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。