ゴルフタイムスの世界   Eagle Eye

ゴルフタイムス編集の古賀のイーグルアイは、焦点を外さないのが自慢です。面白くて、実践的で参考になる記事を提供したい。

81 Japan open championship アダムススコット、松山英樹、石川遼、13日、11時38分、Tee off

2016-10-11 | 危うい日本のゴルフの世界

狭山は、手ぐすねひいて猛者どもの戦いを待っている。

アダムスコット、英樹、遼  同じペアリングで勝負!!!

JGAも味なことをやるな。USGAやR&A に学んだか。

さあー、世紀の決戦を見に行こう!!!

初日から、2万を超えるギャラリーか???

 

日本オープンの歴史は、1927年 5月に程ケ谷カントリーで産声を上げる。優勝したのは、赤星六郎。それから81回目を迎えるこの大会は、世界に知られてビッグゲームである。1942-1949年は、戦争のため中止。戦後は、1950年、我孫子で開催、林由郎が勝ったのは、戦前、宮本留吉時代から、林が新風を吹き込む。中村寅吉も21回大会の覇者、小野光一などが活躍した。ジャンボ尾崎、青木功、中島常幸などがそれに続いて、舞台を盛り上げた。ここ10年では、連覇を成し遂げた選手はいない。片山晋呉は、70回の広野、73回の古賀で覇権を獲った。昨年の80回は、六甲国際で、小平智が勝利、果たして、今年の優勝は、アダムスコットか、松山英樹か、はたまた、復活の石川遼か、USツアーのプレヤーが、名誉にかけて、覇権を争う。

 

狭山は、手ぐすねひいて,猛者どもの戦いを待っている。

フィールドは、パー70のUSオープン並みの難易度の高いセッテイングが売り物だ。JGAは、優勝スコアをどう見ているのだろう。記者は、10アンダーまでのびないと踏んでいる。スクラッチプレヤーが、80を切るのが精いっぱいだったことを計算すると、アメリカ帰属プレヤーの底力がものを言うような気がする。

アダムが、初日を4アンダー、つまり、66でスコアリングすれば、英樹といい勝負になると踏んでいる。誰が、初日を疾走するか、遼にとっても、回復の披露をするには、相手にとっては、不足はない。遼が、覇者になると、世の中が、また、騒がしくなるのは、当然である。300ヤードをはるかに超える長打は、フィールドを」熱くするだろう。アダムの300超えの豪打も、観衆の的となる。英樹のアイアンがうなれば、これまた、観衆のどよめきは、フィールドにこだまするだろう。

マスターズが、来年で81回目、その半年先でJapan Open は、81回目を刻む。世界ナンバーワンに君臨し、今、世界6位の兵、アダムが出場したことで、Open の重みが、200%増した。スポンサーユニクロも、大満足だろう。記者まで、ユニクロのパンツやシャツを着てるからだ。

さあ、じっとテレビだけで満足しないで、狭山へいこう!!! 行く?  ありがとう。 フィールドで会おう!!!カメラ持って、取材しているから、声をかけてください。(記者 古賀剛大)

ジャンル:
速報
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016 日本女子オープン選手... | トップ | 正しい歴史認識 47 日本... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。