ゴルフタイムスの世界   Eagle Eye

ゴルフタイムス編集の古賀のイーグルアイは、焦点を外さないのが自慢です。面白くて、実践的で参考になる記事を提供したい。

2016 日本女子オープン選手権 畑岡奈紗 17歳 (アマ高校生3) 優勝 烏山城C.Cを制す

2016-10-10 | 危うい日本のゴルフの世界

烏山城の18番は、クリークをのぞく、むつかしいのぼりのホールだ。

145残した2打目は、バーデイを必要とした。勝つためには、トップを走っていた堀琴音に追いつくには、バーデイしかないと精神を集中させ、ピンの上4メートにつけた。早い下りを読み切り、バーデイ、スター誕生のワンスとロークである。

アマは、失うものはない、と言われるが、アメリカツアーを視野に入れたゴルフは、貪欲出なければ、先は見えない。女子の世界も、海外の選手がトップを譲らない中、女子ゴルフ界にも、かげりが」見え始めた矢先のビッグニュースだ。マスコミが、欲っしていた目新しいプレヤーが突然、出現したので、それ!ばかりに、表紙や新聞一面、NHKまで筆頭にビッグニュースとして取りあげた。あさましい限りだ。しかし、LPGAは、飛びあがって、喜んだか、どうか、わからないが、ニュースターを探し求めた。なぜならば、世界に伍する選手が、いない空虚感を感じ取っていたからだ。宮里藍や美香やさくらまで、海外に出て、LPGAの人気は、総勢の力でさせるしか方法がなかったからだ。会長の小林浩美は、粉骨砕身、声を上げて、LPGAを喧伝したのは、未来を見据えたポスチャーであった。もちろん、樋口久子の指導が深いから、ここまで、持ちこたえたといってもいい。海外においても、さくら,藍、美香などの振るわない成績、野村だけが、何とかスターダムにしがみついている格好だ。すでに、リデイアコやアリヤジュタンガルなどと互角に戦えるとは、思えないからだ。

この畑岡が、日本女子オープンを制したビッグニュースは、15歳でチャンプに飛びあがった石川遼のデビューと重なる。当時,JGTO日本プロも、衰退の道が見えるだけで、前途危うしの声が日本に充満しつつあるときだった。その厄介な時節に、突然、スター誕生が起きたのだから、ゴルフ界は沸いた。人気が復活し始めた。マスコミ、スポンサーこぞって、遼を歓迎し、すべて、遼がいないとイベントにならないほど、騒ぎ天地をひっくり返したのは、諸氏も記憶にあろう。

その人気を盾にして、遼のことも熟慮せずに、人気を回復の原動力として利用してきた。もちろん、遼の側も引っ張りだこで、お金もふんだんに集まり、潤沢になっていったことは、言をまつまい。記者は、この5年の歳月が、遼には、もったいない時期として記憶しておくべきだ。15歳で勝ち、その3年でアメリカに渡っていたら、と考えると残念な日々である。ゴルフ界のひな壇に押し上げられた少年はいつしか、青年になり、基本的体の鍛造を正確なデータ不足で、一年以上を棒に振ったのは,事実だ。でも、まだ、好青年の遼には、原点に戻るだけの時間を持っているのが、未来の扉を開くエネルギーになる。

さて、畑岡の戻る。女子の場合は、時間が限定されるだけに、30歳までに、トップレベルのゴルフをこなし、メジャーまで獲得しなければならない。

畑尾がトップになるためには、リデイアコやアリヤなどのゴルフを勉強し、引き出しを多くする必要にかられる。もちろん、ヘンダーソンやインビー朴などの

ゴルフも会得する必要もある。チュンインジーに負けない体感のあるゴルフに徹するのが、当然の目標になる。

記者は、久々に出た卓越した女子ゴルファーとは、言わない。生ぬるい隙間から湧き出した蒸気だと思っているからだ。勝敗で、うれしい、悔しいだけでは

永い帳場は乗り切れない。17歳だ。最低、10年は、戦える。ゴルフを始めて年、頂点を仰いで、プロ宣言だ。LPGAは、少しでも、和製スラッガーのプレーを見るために集うギャラリーが目算としてはあるだろう。しかし、オリンピックを2020年、を控える。大きな解釈で、鎖につなげず、送り出してはどうか。

上記の選手たちと、競う日が近いことを期待せずには、この原稿はすすまない。

 

ジャンル:
速報
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アジア太平洋アマチュア選手... | トップ | 81 Japan open championship ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

危うい日本のゴルフの世界」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。