ゴルフタイムスの世界   Eagle Eye

ゴルフタイムス編集の古賀のイーグルアイは、焦点を外さないのが自慢です。面白くて、実践的で参考になる記事を提供したい。

スターウォーズへの憧れと世界    師走末の雑感   

2016-12-28 | 日記

スターウォーズのレイア姫がなくなったニュースが流れ込んだ

まだ姫そのもので若いと思おていたが、60歳になっていた。そうだ、スターウォーズの初演を今に思い出す。今はない有楽町の読売新聞の開館で、招待者の集いが、あった。招待者はすべて、お子さんで埋め尽くされていた。大人は、自分と数人だったように思う。息子が、まだ小学校6年生ではなかったかな。その息子が子供三人の親になっておるのだから、スターウォーズの時の流れは、まるで宇宙の旅にも似ている。新鮮な奇抜な映画ですっかり、虜になっていた自分をジョージルーカスに重ねてしまう自分がまるで、スカイオーカーになったような気分になるのだから、シナリオを威力はすごい。ごく最近のスターウォーズを見た。その最後に、きりっとした毅然としたレイア姫がアップされた。レイア姫は、年齢を重ねていなかったのだ。そのまま、受け取ってしまった矢先の訃報だった。人間は、誰でも、齢をとり、宇宙へ旅経つ、誰でもだ。そう納得させる齢に来てしまった自分を、スターウォーズのジェダイに成長させている。このバックミュージックのオーケストラは、サントリーホールをいっぱいにするくらいの人数で、構成されてる。舞台の出来上がる様を、スターウォーズプロダクションから、贈られてきた。映画の舞台が、どれほど、スケールが大きいのか、驚きであった。日本の予算では、、とてもこのような仕掛けは無理だとも。スターウォーズ、まだ続編があるのかどうか、しらない。しかし、自分の頭の中では、数十年経ても、彼らは若くアクテイヴに生き続けているのである。

Might the force be with you, フォースとともにあれ!! だ。自分もジェダイになったつもりで、息をとめない。いや、止められないのだ。宇宙に飛んでも!!!

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 正しい歴史認識 54 日本... | トップ | 正しい歴史認識 55 日本... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。