ゴルフタイムスの世界   Eagle Eye

ゴルフタイムス編集の古賀のイーグルアイは、焦点を外さないのが自慢です。面白くて、実践的で参考になる記事を提供したい。

The Open Championship 2017 英樹 決勝へ 孤軍奮闘 ファイナルへ

2017-07-23 | 危うい日本のゴルフの世界

プレスセンターから現地速報/gtw/tjk/23/07

146 The Open Championship 2017

英樹の追い上げを期待する。

優勝は、15アンダーか、????

 

スピースの快進撃が、運も味方につけて、止まらない。

三日目、英樹も4アンダーパー、66のストロークで終了した。

スピースは、トップからのスタートで、5アンダーとのばし、3日までのトータル、11アンダーとして、2位のライダーカップの同輩であるマットクーチャーが落ち着いたプレーで、8アンダー、そのあとをブルックスケプカ、この日、南アのブランデングレースがメジャーの新記録となる29.33、62をたたき出し、上位にくいこんだので、松山とペアリングで最終日をプレーする。

英樹と馬が合うかどうか,不知だが、結構面白いゴルフを見せてくるはずだ。優勝は、スピースを中心に回るが、英樹と7ストロークの相違は、このフィールドでは、よほど、スピースが崩れない限り、追いつけない。スピース、65,69,65で199ストローク、英樹、68,72,66で206ストークである。記者が、前号で述べたように、2日目の72は、致命傷なのだ。三日間のスコアを比較しても、いかにスピースが安定してるかどうか、判断できる。

まもなく、英樹が、運命のゴルフを、2時10分にスタートする。

若きライオンのリッキー,ロリー、スピースなど146回目の全英の顔として、そろい踏みだ。

天候は、思ったより、好天気である。午後の天気の変化に気をもむところである。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« The Open Championship 2017 ... | トップ | 146 The Open Championship 2... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

危うい日本のゴルフの世界」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。