ゴルフタイムスの世界   Eagle Eye

ゴルフタイムス編集の古賀のイーグルアイは、焦点を外さないのが自慢です。面白くて、実践的で参考になる記事を提供したい。

US Tour 15 The Honda Classic タイガー復活の20位タイ イーブンパーでスタート

2018-02-23 | 危うい日本のゴルフの世界

2018 The Honda Classic 

Palm Beach Gardens  , Florida 

The Golf Times,World 

タイガーはじめ、有力選手のアクション開始、これからのツアーの佳境に挑む。

 

US ツアーも佳境に入りつつある。マクロイもアダムスコットやハ―リントンとプレー、確かなゴルフを目指している。もちろん、タイガーの調子を占うには、もってこいのフロリダのパームビーチである。強風の午前中、タイガーのゴルフは、明るい材料が垣間見える。初日は、ワンダブルボギー、ワンボギー、3バーデイのイーブンパーで手ごたえのあるゴルフを見せた。さすがタイガーという場面があり、タイガーの復活に拍車が掛かり、明日からが楽しみである。フォーカスは、ハイレベルのスキルを限りなく要求されるマスターズである。すでに、マスターズの雰囲気は、タイガーを見たいという願望の観客でそのうねりは、うなぎのぼりである旨、現地特派員からの情報である。アダムスコットは、不調の中にあるのか、世界ランクは、58位である。調子を上げるには、この大会で上位に食い込む必要がある。ファーラーも落ち着いたゴルフを見せており、切れ味のアイアンは健在である。

スターがそろってきたツアー、まったくよそ見ができない。

             現地コレスポンデント 特別特派員 ジョセフゴードン

photo;Golf Cahnnel/The Honda Classic

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

US Tour 15戦目 The Honda Classic  タイガー登場

2018-02-22 | 危うい日本のゴルフの世界

photo:Golf Channel/The Honda Classic

ホンダゼットがセスナを抜いて、世界一の販売機数に躍り上がった2017年、売れ行きは、最高だ。

そんな驚きのニュースの中、ホンダクラッシクのツアートーナメントが開催中、タイガー参戦とあって、人気も上々、タイガーは、スネデカー、キザイアと同組、Fedex のタイトルホルダー組で、しのぎを削る。

ガルシアは、J.トーマスとD.バーガーと同組、すでにマスターズへのfocusに合わされてプレーに集中する。

R.ファーラーは、K.キズナ―、パトリックリードと同組、このペアリングも目を離せない。

何とい言っても、4日後に控えたさしょのメジャー、マスターズ、タイガーの復活か、爆発はあるのか、などなど巷の雀たちは、余話に明け暮れる。タイガー出場の鐘がなると、数万の観衆が集まるのは、必定、いまだに王者の貫禄がフィールドに漂う。ミケルソンの48歳にくらべ、タイガーは若い。40台前半は、強いゴルフができる。

天下無敵の全盛期に再び、戻れるか、この試合から、占うのは、間違ってはいないはずだ。

松山のケガが、気になる今日である。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

US Tour Genesis Open いよいよ Tiger 参戦 12年ぶり

2018-02-16 | 危うい日本のゴルフの世界

US Tour 14 戦目  

Genesis Open

February 15-18, 2018

 

Riviera CC - Pacific Palisades, CA | Par 71 7,322 Yards

 

Genesis Open リヴィエラで始まる

初日、18度,好天の中、激戦が始まる。

Tiger 参戦、B.ワトソン、P.ミケルソン、世界ナンバーワンのDJ, ローリマクロイ、J.トーマス、スピース、J.デイ, 今,絶好調のC.リエヴエ、アダムスコット、マスターズ50日を切った試合で、名だたる選手が顔をそろえた。タイガー参戦は、12年ぶり、いやがうえにも、ゴルフファンは熱が入る。健康に問題がなさそうで、見ているほうも、安ど感が漂う。

タイガーの見せどころの目標を狙う集中力と姿に、格闘技のすごさを見るようだ。まさに、面目躍如、ファンはたまらない。

photo;Golf Channel/Riviera/reporter/Will Gray

Inside Tiger's Riviera roller coaster

He birdied 10, lost a ball on 11, and swung an iron like a tomahawk on 12. Those were just the first three holes of Tiger's Thursday 72.

タイガーのマジックをみれるかどうか、ギャラリーも一挙一動に緊迫感が走る。王者のカムバックを心底から望んでいる様子が、見て取れる。Will Grayの言葉にも、トマホークのように振ったぞと感嘆の声を出してにぎやかだ。

Ticket Packages

You’re invited to the premier social event on the L.A. sports calendar, the Genesis Open. Craft your own VIP experience on course at The Riviera Country Club, Feb. 12-18, 2018. Walk side-by-side with golf’s biggest stars and experience a sporting event reimagined. All tickets to the Genesis Open include access to The Riviera Country Club grounds and the open-to-the-public destinations and activations on course. All guests at the Genesis Open can enjoy:

  • Public grandstands on the driving range, 9, 10, 14 and 17 greens
  • The Promenade including food trucks, public seating and giant video board – new location behind 14 green
  • The Strip and The Boulevard featuring interactive partner displays and giveaways
  • The vineyard vines club at 10 green offering premium food, beverages and great views of the signature hole at Riviera
  • The William Hill Estate Wine Deck on 2 green featuring great views and the perfect pairing
  • The GREY GOOSE 19th Hole located near 18 green and 10 tee featuring signature cocktails

GROUNDS TICKETS

The Riviera Country Club, the place to see and be seen. Where the PGA TOUR’s stars all gather, join us for a day or the week and be a part of the action. Whether you’re following your favorite golfer over all 18 holes, or camped out at one of our open-to-the-public destinations, this is the easiest way to enjoy all the excitement.

DETAILS

  • Monday/Wednesday tickets (pro-am rounds) – $25
  • Good any one day tickets (competition rounds) – $55
  • New in 2018, added flexibility to attend on any one day of the competition rounds
  • Access to open-to-the-public destinations on course

buy pro-am tickets

buy competition tickets
Genesis_Open_tickets_clubhouse_teeshot

CLUBHOUSE

With a clubhouse ticket, you’ll be able to enjoy the lounge style setting in the ballroom, which includes access to the expansive outdoor deck. With views of the practice greens, 1 tee and surrounding holes, the clubhouse offers a chic atmosphere with a L.A. vibe. Relax inside, walk the grounds or take in some sun on the outdoor patio.

DETAILS

  • Tickets available per day, Thursday – Sunday – $84
  • Good any one day clubhouse tickets – $95
  • Access to the Riviera Clubhouse including executive indoor restrooms
  • Premium food & beverage options for purchase
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

決意とは、今が、勝負か   この一瞬に命を燃やす

2018-02-14 | 日本の未来

昨日は、戻ってこない。

明日は、生きているか、わからない。

今日、この一瞬に、命を火を燃やす(剛大

            マリアテレザの至言に学ぶ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

正しい歴史認識  南京事件に検証 48人の証言

2018-02-14 | 日本時事新聞社

「南京事件」―日本人48人の証言」小学館文庫)

阿羅健一著

その7―第二章 軍人の見た南京 1、陸軍(3)

企画院事務官・岡田芳政

参謀本部庶務課長・諫山春樹大佐

陸軍省軍務局軍事課編成版・大槻少佐

野砲兵第22連隊長・三国直福大佐

 セントジョセフ国際大学

国際社会工学部 主任教授

古賀 剛大 様

 

 今回は第2章「軍人の見た南京」のうちの

1、陸軍(3) 上記4名の証言です。

 

 岡田氏は陸軍省軍務課付で東京大学に派遣されていましたが、支那事変が起きたために勉強は打ち切り、企画院に出向しました。中国経済開発の研究立案担当。南京陥落直後の12月24日に上海から南京に視察に入りました。先輩の案内で市内を回り、夜遅くまで話し込んだそうです。虐殺などという話は全く出て来なかったといいます。市内では、中国人が露店を2、3開いているのをみたそうで、街は平静そのものだったそうです。安全区の門番の中国人は、岡田氏が以前南京に滞在していたときの顔見知りで、ニコニコして迎えてくれたといいます。戦後虐殺事件のことを聞いてびっくりしたそうです。要するに日本は宣伝戦に負けたのだ、と強調しております。

 軍中央から上海派遣軍上陸後度々視察のための派遣がありましたが、参謀本部の庶務課長であった諫早氏も派遣された一人でした。軍規の乱れがあったのではないか,そのために度々の派遣があったのではないかと、「南京事件があった」という後追いで言われることがあります。諫早氏の証言はこれをことごとく否定しています。第16師団長の中島今朝吾中将の日記に「捕虜はせぬ方針なれば」は「武器を取り上げて釈放せよ」という意味でしょうと述べています。

 大槻氏は陸軍省軍事課員として12年の暮に南京に行き、情報収集を行い、また翌年には中支那派遣軍参謀として南京に行っていますが、虐殺だとか、そんなことが話題になったことは一度もなかったと言っています。全くのウソですといいます。

 三国氏は第16師団野砲兵22連隊長として、昭和13年1月に南京に入っています。病気のため南京入が遅れたのですが、部下、そして師団司令部か戦闘のことなど色々話を聞いたが、「事件」などということはまったく聞いていないそうです。その後南京特務機関長となって、南京にできた中国人の維新政府と毎日接触、交渉する立場にありました。行政院長の梁鴻志とも度々会っていたそうですが、南京虐殺だとかそんな話が出たことはまったくなかったと言っています。

 

日本語原文:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/48-7.pdf

  英訳文:http://www.sdh-fact.com/CL/Ara-Nanjing-7.pdf

 

海外には、下記の通り英文で発信しました。

 

平成30年2月13日「史実を世界に発信する会」会長代行 茂木弘道拝

http://hassin.org

 

The Nanjing Incident: Japanese Eyewitness Accounts

-Testimony from 48 Japanese Who Were There-

By Ara Ken’ichi

No. 7: Chapter 2  Nanjing, as Observed by Japanese Soldiers

1. The Army, 25)28)

 

   We present No. 6 in this series, which contains Chapter 2: Nanjing, as Observed by Japanese Soldiers, 1. The Army, 25) – 28).

   Mr. Okada, as a staff member of the Military Affairs Bureau of the Ministry of the Army, was sent to Tokyo University to study economics. But shortly after he entered University, the China Incident broke out. Therefore, he had to terminate his studies at Tokyo University and was transferred to the Cabinet Planning Board for research and planning for Chinese economic development. On December 24, 1937, he arrived at Nanjing for inspection. He drove around Nanjing with his senior supervisor, Major Sakata, who was Head of the Special Service Agency. The city was rather calm and he saw that Chinese civilians opened installment shops for business. He neither saw dead bodies nor heard of a “massacre”.At the entrance of the refugee zone, he was received by a Chinese with smile, who he knew when he was in Nanjing. He concludes that Japan lost the propaganda war--that’s what the Nanjing Incident was all about.

   Mr. Otsuki visited Nanjing at the end of December, 1937 as a staff member of the Military Affairs Bureau to grasp the situation in Nanjing. The following year he was in Nanjing as a staff officer of the Central China Expeditionary Army. He says a story of a “massacre” was never raised among staff and other people he met. He concludes that the “massacre” is a pure lie.

   Mr. Mikuni entered Nanjing in January 1937, as Commander of the 22nd Field Artillery Regiment. Because of illness, he entered Nanjing after the initial occupation. He collected information from his subordinates and had discussions with Division Headquarters personnel. He never heard of a “massacre” then. He was later assigned to Head of Special Service Agency in Nanjing. He was responsible for making contact with persons of the Reformed Government of the Republic of China. He met frequently with Premier Liang Hongzhi, but he never heard of the Incident from him.       

 

  URL:http://www.sdh-fact.com/book-article/1126/

PDF:http://www.sdh-fact.com/CL/Ara-Nanjing-7.pdf

 

Questions are welcome.

 

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman

for KASE Hideaki, Chairman

Society for the Dissemination of Historical Fact

Phone: +81-3-3519-4366

Fax: +81-3-3519-4367

Email moteki@sdh-fact.com

URL http://www.sdh-fact.com

Note: Japanese names are rendered surname first in accordance with Japanese custom.

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

US Tour AT&T Pebble Beach Pro-Am 優勝は、テッドポーターJr 6年ぶりの美酒

2018-02-12 | 危うい日本のゴルフの世界

何と、6年ぶりの優勝

US Tour AT&T Pebble Beach Pro-Am

 Ted Potter, Jr. won the AT&T Pebble Beach Pro-Am for his second career PGA Tour title. Here's how the purse was paid out on the Monterey Peninsula.(Golf Channel )

体の故障でゴルフの地獄を見てきたT.ポーターJrは、下部ツアー、ウエッブ.コムツアーから這いあがって、念願のぺブルビーチでプレーの好機を得た。6年ぶりに勝利、2000日を超える葛藤の日々を過ごした選手である。強打者のDJ かそれとも今調子を上げてきたJD かで記者連は興味津々でツアーを見ていた。フィルミケルソンも、PBコースは、得意とするところ、調子もよく69,65、で二日間を終了していた。C.リーベもゴルフフィングが、距離なくても,安定第一のゴルフで、上位に顔を出す常連となっていた。記者連は、まず、テッドポーターJrが最終日、DJの追い上げで崩れると思っていたが、なんと、物おじしない堂々としたゴルフで、DJを寄せつけなかった。Jデイは、一昨年の強さを、披露し始めた。もちろん、マスターズへの用意を怠る様子はない。2個目のメジャーにフォーカスして頼もしい。ジミーオーカーの復活も面白い。ファイナルで67のスコアで8位タイにつけた。

Photo;Golf Channel/PGA tour /Pebble Beach

今大会を裏から見ると、ゴルフはあきらめてはならないゲームで、体さえ丈夫ならば、チャンスは必ず来るという摂理を知る。リーベ―も勝てば10振り、ウッドランドが3振りに優勝というWaste Management の試合であった。だから、3年、6年、10年でも、夢は叶うというスポーツの真髄がゴルフにはある。だから、あきらめる必要もなければ、あきらめては、夢は実現できないのだ。

のだ。タイガーが、檜舞台に戻ってくる今年は、もちろんターゲットは、勝利であろう。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

US Tour AT&T Pebble Beach Pro-Am

2018-02-09 | 危うい日本のゴルフの世界

US Tour AT&T Pebble Beach Pro-Am Begins Today

17番で確かなショットのJordan Spieth (photo;Golf Channel)

最盛のゲームへ上り詰めつるUSツアー、いよいよ、ぺブルビーチの舞台である。ジェイソンデイとマクロイの

舞台へカムバックで俄然、ツアーに深みと面白さが増してきた。今日は、先週ウッドランドにプレーオフで敗れたリーベがトップを行く。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本の知性、西部邁さんと伊佐千尋さんの旅たちに、想いを馳せる 2・8

2018-02-09 | 日本の未来

現代日本の最高の知性、西部邁さんが、旅立たれた。氏は自分よりも4つも年齢が若いのに、ただ残念という言葉ではだけでは表現ができないほど大事な人だ。東大時代に左翼的思考で、日本の底辺の政治経済をアメリカ依存でいいのか、日本の未来は、と危惧されて、学生運動を展開された。その後、日本の左翼的思想に幻滅を感じて、国家国民の保守陣営の総体理論を展開された真の闘士であったと記者は右でも常に、尊敬の念を抱いてきた。言葉の存在を顕著に表現でいなくなった時が、自分の存在価値を否定するときだと決めておられた様子で、心なしか心配していた。

江藤淳の自分の存在を消すときに、形骸化したおのれは価値はないという結実に、人間の生き方に疑問を挟む余地はなかったに、似て厳粛な気概が胸をよぎる。西部邁さんには、80歳前2年の余生があったので、もう少し、他類を見ない言論を発して未来につなげてほしかった。合掌 享年 78歳

伊佐千尋さんが亡くなった。力作の「逆転」で大宅壮一ノンフィクション賞に上り詰めたゴルフ好きな好人物である。彼は、言論人新聞社、日本時事新聞社の執筆同人の優れた論客であった。仲間の一人として、いろいろ教授された功績は、執筆同人の宝である。合掌 享年 88歳

知性を失うのは、体から血液が抜けるようだ。存在価値だけで、世の中の動静が解読できるからだ。日本は、もっと、知性を大事にする習慣をつけるべきであり、政治家や経済人だけを保存する誤差は、避けるべきである。実情の総括をできるのは、知性が醸し出す洗浄で、政治家や経済人ではない。国民は、判断を誤ってはならないのだ。

                言論人新聞社、日本時事新聞社 執筆同人 一同

                       デスク       古賀剛大

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北方領土の日 2.7    歯舞、国後、色丹、択捉

2018-02-08 | 日本の未来

北方領土返還、返せ運動をしていると、社会は、民族主義者だ、右翼だと汚名を着せてはばからない時代があったのは、諸氏の熟知するところである。2月7日は、北方領土の日である。

北方るの領土を求める運動を敵視してきた日本、何という愚かな国家体制であったことか。いかに左翼化して、戦後70年間も、埋没した国家に今、必要なのは、日本国家の在り方が、変化せざるを得ない時期に、遅まきながら到達している事実であろう。北方領土返還を旗印に、日の丸を振れば、官憲が目をつけ、徹底的に阻害してきた結果が、4島の帰還を危うくしてきたのはのは、なんとこたえればいいのだろう。残念ながら、記者が、我が国の最高の知性と尊敬していた西部邁さんが今年の1月に旅経たれた。この2.7について、ぜひ言論を発してもらいたい大事な人だった。西部さんに関しては、別稿で書きたい。

さて、平和ボケの戦後の70年、左翼化した日本がそのスパイラルから抜けだせる絶好の機会と現在を捉えたい。大いに、議論を反映させ、未来につないでいかねばならない。どうか、北方領土返還の旗印に集うものを反社会的扇動家と呼ばないでもらいたい。而して、国家安定を模索するのが、国家国民をリードしていける知性と断ずるからである。

みんなの力で、存在感のある国家を目指そうではないか。平和は、ただで、手持ちになるわけではない。現在の平和は、日本の多くの犠牲者のお陰である真実を忘れまい。

           日本時事新聞社    デスク  古賀剛大

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

PGA Tour Waste Management G.ウッドランド、3年ぶりの美酒

2018-02-06 | 危うい日本のゴルフの世界

Waste Management Phoenix Open 

at TPC ,Scottsdale Arizona 

 

 

 

Gary Woodland celebrated his first win in five years with his wife, his 'miracle' son, and his daughter who didn't survive childbirth.

ショートゲームに、かげりがあったウッドランド、今回は、丁寧に攻めた。でも、1メートルのパットは、うまくはない。だから、18番ホール、外して、18アンダーでプレーオフに入ったのだといえる。今回の優勝は、当然、マスターズへ繋ぐ大きな勝利である。まだまだ、中心的存在になれる好人物でいい選手だ。


何と、ファイナルは、まったく予想を覆す、ダークホース2名のプレ^オフとなった。ウッドランドが勝てば3年ぶり、相手のリーヴぇが勝てば、10年ぶりと、ベテラン同士のプレーオフ、第一ホールで、リーベがフェアウエイから146ヤード、ウッドランドは、左バンカーから108ヤード、どちらもグリーン外になったが、リーヴぇがまさかのボギーで自滅、ウッドランド、パーで決着がついた。PGATourは、実際、最終日にならないと的が外れてしまう。誰が、追い上げても、おかしくないフィールドだから、予想は当たらないほうが多いのである。リッキーとラームがスコアが伸びず、ミケルソンが追うも、届かず、激戦は、先の二人に絞られ、18アンダーのプレーオフとなった。G.Woodland は、飛ばし屋、豪打で知れ渡った選手、一方、リーヴぇは、距離がなくても、なかなかボギーを打たないザックジョンソン並みの体格で、安定度は誰しも認める選手だ。

 

 

 

 ミケルソンフィーヴァーは、轟音となってフィールドを席巻した。地元だけに、その人気は、他を圧した。いまだ、健在なり、存在感を見せつけたミケルソンに乾杯。

 

早々、英樹が歴史上の選手になるのか、と3連覇の偉業を期待した65万のギャラリーも、手首致命傷で、英樹が棄権、歴史のページが消えた。この大会でいい成績を残してきたリッキーは、ファイナルでスコアが伸びない、ラームとのセリがうまくいかなかったのか、ゲームの流れをつかめない時もある。勝つ気力が,飛んでいた。チャンスがあったのは、底力を見せた大ベテランの48歳のミケルソンである。相も変わらず、豪打とアプローチとパってイングの技術は、争う人間が霞む。

英樹には、完全治療に専念して次の試合に臨んでほしい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加