ゴルフタイムスの世界   Eagle Eye

ゴルフタイムス編集の古賀のイーグルアイは、焦点を外さないのが自慢です。面白くて、実践的で参考になる記事を提供したい。

The players 選手権 第5のメジャー キムシュウが10アンダーで優勝

2017-05-15 | 危うい日本のゴルフの世界

キムシュウ、21歳、優勝 おめでとう!!!

           優勝賞金、2億1千万円

プロ5年で、舞台へ昇る。今後が楽しみなナイスガイ。

韓国が生んだ、メジャーを狙える貴公子

英樹、勇太、そろってイーブンパーで終了

Si Woo Kim

 

ゆっくりしたスイング、落ち着いた物腰、期待されてウインダムで一勝を挙げていたキムシュウが、安定度抜群の力で、10アンダーとして、この難しいTPCコースに、一度もオーバーパー^することなく、4日間をプレーした。これでTPC ソーグラスは、KJ チョンに次いで、韓国プレヤーが、2勝したことになる。22歳のキムシュウは、今後、松山といい勝負をする選手に名乗りを上げたことになる。第5のメジャーで、一勝したキムシュウは、すでにUSDオープンを視野に入れて、調子をさらに上げる態勢をとっている。隙のない優れたの能力は、記者連も十分理解していた。

英樹が、パー3で8たたいた13番をしっかり、キャデイと打ち合わせをするJB,優勝ができなかった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

The players 選手権 第5のメジャー 英樹の落とし穴 13番ホールに悲劇

2017-05-14 | 危うい日本のゴルフの世界

英樹の悲劇 

4アンダー、9位まで順位を上げた瞬間、次の13番ホールで、まさかの2回、水しぶきを上げ、集中力も切らして、パー3を8ストローク、このホールだけで、5オーバーと聞いても見ても疑いたくなるような、悪夢で、今回の第5のメジャーは、ダメジャーになってしまった。果敢にピンを狙うも、この時の風は、普通ではなかった。左に押されて、池まっしぐら、グリーンをとらえることはできなかった。その忌々しいホールが下記の写真だ。

長いゴルフの人生、メジャー取りの前に、試練の時だ。全米オープンは、エリンで、来月だ。

J.B Homes leads for the final round with power /PGA tour/Golf Channel/US

孤軍奮闘、賞金王の名誉にかけて、実力をいかんなく発揮し、16位まで上がった池田勇太選手、これからのゴルフを目指して、ファイナルを戦う。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

The players 選手権 第5のメジャー 英樹、 勇太 ともに予選をクリア、決勝へ

2017-05-13 | 危うい日本のゴルフの世界

The Players Championship

英樹、勇太 予選突破 決勝へ

 

第5のメジャー、ザ。プレヤーズ選手権は、毎年、ピートダイ設計のソーグラスで開催されている。7200ヤードを切るも難コースで、特に名物の17番のパー3は、水上に浮かぶイメージで、風が出るとピッチング以下で打っても、程度なスピン調整をしないと、池に嵌る。2日目も、25ほど、池に吸い込まれた。

英樹は、いまいち、調子の中、15番、16番とバーデイをとり、18番でボギーにしたものの、ワンアンダーで34位で、決勝へ、勇太は、意気込みも強く、2アンダー、27位で決勝進出を果たした。英樹と回ったスピースは、予選突破はならなかった。ヒューリックなど、有名選手が、次々と落選していったのは、コースの難しさを表している。

photo;PGAtour/Golfchannel

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

The Open Championship 2017 Royal Birkdale いよいよ、全英オープンが迫る。NO.2

2017-05-10 | 危うい日本のゴルフの世界

R&Aからのニュースを抜粋しながら、諸氏の記憶にとどめたい記事である。

1961年、パーマーのモニュメントである。懐かしくて、涙がこぼれる。R&Aに感謝を述べる。

Each of the courses used to stage The Open has witnessed feats of pure brilliance over the years. Some shots almost become the stuff of legend, woven into the fabric of the game, the history of the Championship and the courses on which they were achieved.

Here are three of the greatest moments at Royal Birkdale:      

Arnold Palmer - 1961

After coming agonisingly close to claiming the Claret Jug for the first time at The Open at St Andrews in 1960, Arnold Palmer was not about to let an opportunity slip a second time around. At the Home of Golf, Palmer had been beaten into second place by Australia’s Kel Nagle, losing by a single stroke. At a weather-beaten Royal Birkdale a year later, however, it was his turn to hold on for an equally narrow victory over Welshman Dai Rees.

If a moment summed up Palmer’s utter fearlessness it came in the final round on what was then the 15th hole and is now the 16th. A wayward drive left the ball lying at the bottom of a small, sandy bank and buried beneath blackberry bushes. While some players would have opted to knock the ball back on to the fairway and take their chances from there, this was not in Palmer’s make-up. He was three holes from home and was not about to surrender the momentum. So, taking a six-iron, he swung as hard at the ball as was humanly possible. “I cut enough hay to feed the cows for a year,” he was later to recall. “The ball came flying out very well, landed on the front of the green (around 150 yards away) and rolled up about 15 feet from the hole."

Such was the impact of the shot that a plaque now marks the spot. Michael McDonnell, the golf correspondent of the Daily Mail, wrote: "Not even a tornado could have wrenched it (the ball) free so cleanly. Some would swear afterwards that the ground shook beneath them as Palmer's club cleaved that bush from his path. Or maybe it was just the gods groaning their surrender, because Palmer was free of them at last and could proceed to his first Open title."

 

Justin Rose - 1998

This was the year that a pencil-thin Justin Rose, a 17-year-old amateur no less, announced himself to the world by finishing in a tie for fourth in his maiden appearance at The Open. Rose may have caught the attention of the galleries with superb opening rounds of 72 and 66, but it was the way he signed off at the 72nd hole that will be forever remembered. Standing in wispy rough 50 yards from his target, Rose played an exquisite pitch shot that landed on the green, bounced a couple of times and rolled inexorably towards the hole. As the ball disappeared below ground the cheer that went up was said to be the loudest ever heard on a golf course. The picture of the young man, arms out wide and eyes raised to the heavens, remains one of golf’s iconic images.     

“When Justin holed out on the 18th with that chip the noise from the grandstand was deafening,” said Jim Furyk, his playing partner that day. “He'd been great all day, really bearing up well in what was a very tense atmosphere and a very close run-in. What a remarkable thing to do at that age. Can you imagine how that feels? Standing there, watching that ball disappear with all those fans standing and clapping? I'll certainly never forget how they and he responded.”

 

Padraig Harrington – 2008

There have been only 16 back-to-back winners of The Open in its long and storied history, the last of them being Padraig Harrington, whose stupendous victory at Royal Birkdale came a year after he claimed the Claret Jug at Carnoustie in a play-off against Sergio Garcia. The Irishman, who started the final round trailing Greg Norman by two shots, came through to win by four strokes from runner-up Ian Poulter, who set a clubhouse lead of seven over par after a sparkling 69, and six shots from Norman and Henrik Stenson who finished tied for third. 

Harrington trailed Norman by one after turning in 37 but came home in a scintillating 32, with the shot of the Championship – and his career - coming at the par-five 17th.  Holding a lead of two strokes after playing the 16th, Harrington found the middle of the fairway at the 17th and elected to go for the green rather than protect his lead by laying up short with an iron and chipping on. Such was his confidence that he had no fear at all standing over the ball, which was on a downslope 249 yards short of the target. Taking his favourite club, a five-wood, he struck a low, long approach that landed just short of the green then rolled to within a few feet of the hole. From there, he sank the eagle putt and walked to the 18th tee secure in the knowledge that he had retained the Claret Jug.

Bob Torrance, Harrington’s wily coach, described the approach to the 17th green as “the best shot I ever saw”. Asked why he hadn’t taken the easier option, Harrington explained that he had wanted to maintain his momentum. “I was anxious that Greg could make eagle going down there so I wanted to take it on,” he said. “I used the downslope in my favour and it came out nice and low. Once I hit it, it was perfect. I would have been quite happy with it on the green and take my chances with two putts."

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017 The Open News

2017-05-07 | 危うい日本のゴルフの世界

 

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

LPGA テキサスシュートアウト 野村敏京 7時間の及ぶプレーオフで、優勝

2017-05-02 | 危うい日本のゴルフの世界

敏京 が、とうとう、3勝目を挙げた。

それも、7時間以上の猛烈なクリステイカーとのプレーオフの末だ。281ストローク

テキサス州、アービング、Las Colinas パー71   強風(ボールを転がすほど)

韓国勢の全盛時代、日本とアメリカが、必死に戦っている。宮里ご両人、ほか、あまりパッとしない成績、韓国勢を追うには、一過性で現在が問題になったいた。アジア勢の中では、ジュタンガルンなど目覚ましい活躍を示してきたが、どっこい、芯がしっかりしている敏京は、不屈の精神で前を向いて、弱音をはかない。

米女子ツアーでは、現地に10年出入りした樋口が、2勝、岡本は、17勝、現会長の小林が、4勝、平瀬真由美が1勝、

福島晃子が2勝、宮里藍が9勝、桃子、美香が1勝ずつ、計40勝を挙げている。特に前会長の樋口は、円が1ドル300円もした時だから、自前で、何でもこなし、通訳もつけずに、10年にわたる苦労の塊の努力をした.日本で、最高に評価されて当然と記者は考える。樋口のメジャー1勝は、いまだに燦然とまぶしく、チヤコの愛称は、世界に広がった。樋口や一緒に行動をした佐々木マサ子などのおかげで、現在の女子プロの世界が存在している事実を、忘れてはならない。

敏京は、一時は、逆転されたが、風が吹きすさぶ中、18番をバーデイにしないとプレーオフに進めないと分かっていたから、猛然と2オン狙い、バーデイをもぎ取って、カーとの激戦に突入したのである。

5打差、前半、勝っていたが、徐々に追いつかれ、薄氷の勝利となった。敏京の今後が楽しみになってきたし、メジャーも狙えるところまで、自分を押し上げた。

ランクも17位と躍進、韓国勢に立ち向かったのは、幼少のころから、韓国で育った気丈夫さが表面に出たものだ。

おめでとう!!! 敏京

                     外国特派員 最勝寺 広

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

遼とUSツアー   Zurich Classic of New Orleans 2017  英樹と秀人、32位で終了

2017-05-02 | 危うい日本のゴルフの世界

Zurich Classic of New Orleans

Blixt-Smith outlast Kisner-Brown in Zurich playoff

27アンダーで勝負

日本勢 14アンダー、13差

世界は、広い。まだまだ、手がとどかない。

 

Photo@Golf Channel/ golf central
英樹、秀人組、振るわず32位。
きしくも、キズナ―とブラウン組とプレーオフに突入、月曜日の美酒は、ブリックスとスミス組に決まった。
ルイジアナのTPCは、かなり難コースで、英樹と秀人組にもチャンスはあるかと思われたが、実力組ではないので、」まあ―7よくやったほうの32位だ。観るべきものは、なかったといっておこう。英樹と秀人も疲れているようすで、話にならん。
次のプレヤーズ選手権を見ようか。期待するとすれば、の話だ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

正しい歴史認識、27   真実の歴史を論じ、教育の柱を打ち立てる重要性

2017-05-01 | 危うい日本のゴルフの世界

『新しい歴史教科書』(新版・中学社会)(自由社)

英訳シリーズ その1-序章「歴史のとらえ方」

 セントジョセフ国際大学

国際社会工学部 主任教授

古賀 剛大 様

 

 「新しい歴史教科書をつくる会」が製作し「自由社」から出版した中学校向け歴史教科書は、一昨年の採択においては、いろいろ事情があり、極めて限られた学校での採択でした。しかし、これは一般国民に支持されなかったということを意味しているわけではありません。これまでの慣行、日教組の教育委員会への影響力、ことなかれになりがちな教育委員会が採択しなかったわけですが、市販本は非常に反響が良く、すでに1万部以上を販売しているということです。言ってみれば、「国民」による採択はきわめて順調といってよいかと思います。

 この教科書が、決して一部の人たちが言うような偏向したものではなく、世界に向けて堂々と紹介できるものであることを示す意味でも、英訳版を出そうということになりました。つくる会・自由社のご了解をいただきまして、「史実を世界に発信する会」より、英文発信していくことになりました。

 ご覧いただきますように、各ページ対訳方式を取っております。図表・それに準ずるものは英訳をしておりません。コラムは訳しております。

 対訳方式ですので、英語に関心のある日本人向けにもお使いいただけるかと思います。原則として一章ごとに掲載していく予定ですが、量的に多くなる場合には、二回に分けて掲載することもあるかと思います。

 

対訳版:http://www.sdh-fact.com/CL02_2/Introduction%20E%20version1.pdf

 

 なお、海外向けの英文Newsletterでは、下記のような紹介を行っております。

ご興味のある方はご一読ください。

 

平成29年5月1日 「史実を世界に発信する会」茂木弘道拝

http://hassin.org

 

New History Textbook for Middle School Students

Series No.1, Introduction: Understanding History

 

   The Japanese Society for History Textbook Reform was founded in December 1996 to promote middle school history textbooks that are free from a biased view of history. The formation of this group was due to the appearance of so-called “comfort women” in middle school textbooks, undoubtedly influenced by Yoshida Seiji’s tales of kidnapping in his book titled “My War Crime” and by a leading Japanese newspaper, Asahi Shimbun, which published many articles based on his book.

   It is unimaginable that the Japanese military kidnapped women and force them to have sex with soldiers. A number of people have investigated the facts concerning comfort stations found in overseas battle zone. The comfort stations were similar to lawfully operated brothels prevalent throughout Japan at the time. In other words, they were businesses, and the women commonly received an income much higher than that of domestic prostitutes. No forced mobilization by the military or coercion to perform sex was ever recorded. 

   The group requested that the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology remove the errors from textbooks, but the Ministry did not take action. So the group produced and published their own textbook. In April 2001, the first edition of “New History Textbook” was authorized by the Education Ministry for use as a formal middle school textbook.

   The mass media, especially overseas media, smeared the textbook as having a “nationalistic view.” However, nationalism itself is nothing to be ashamed of. We believe that the “New History Textbook” reflects positive nationalism. Please read the textbook and see for yourself.

   We will introduce the textbook chapter-by-chapter as a series with this Newsletter. The textbook we will introduce is the fourth edition published in 2016.

   Photo captions and graph legends will not be translated. Japanese, Chinese, Korean names are written surname first according to customs of these countries.

     

  URL: http://www.sdh-fact.com/book-article/942/

PDF: http://www.sdh-fact.com/CL02_2/Introduction%20E%20version1.pdf

 

Questions are welcome.

 

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman

for KASE Hideaki, Chairman

Society for the Dissemination of Historical Fact

Phone: +81-3-3519-4366

Fax: +81-3-3519-4367

Email moteki@sdh-fact.com

URL http://www.sdh-fact.com

Note: Japanese names are rendered surname first in accordance with Japanese custom.

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

正しい歴史認識、26  『大東亜戦争で日本はいかに世界を変えたか』

2017-04-24 | 日本時事新聞社

『大東亜戦争で日本はいかに世界を変えたか』

加瀬英明著・KKベストセラーズ社刊

セントジョセフ国際大学

国際社会工学部 主任教授

古賀 剛大 様

 

 日本はなぜ対米戦争を戦ったのか?

 終戦70年をめぐり、相変わらず侵略であったのか、日本はどう反省すべきであったのか、といったことが大真面目で議論されていました。

 しかし、あの大戦争は世界史的な視野の下で、日本の置かれた状況、開戦に至った事情、理由、そしてその果たした役割、といったものを広く検討していかないとその本質を理解することはできないのです。

 加瀬英明氏(本会会長)は、このような視点から「大東亜戦争」が実は世界を大きく変える歴史的な快挙(一言で言えば、人種差別撤廃に向けた巨大な前進)を成し遂げたことを本書で解明しております。

 

 日本語版:https://www.amazon.co.jp/%E5%A4%A7%E6%9D%B1%E4%BA%9C%E6%88%A6%E4%BA%89%E3%81%A7%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%8B%E3%81%AB%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%82%92%E5%A4%89%E3%81%88%E3%81%9F%E3%81%8B-%E3%83%99%E3%82%B9%E3%83%88%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E5%8A%A0%E7%80%AC-%E8%8B%B1%E6%98%8E/dp/4584124752#reader_4584124752

 

英訳文:http://www.sdh-fact.com/CL/The-Greater-East-Asian-War-by-Kase.pdf

 

 英文は、下記の通り、英文Newsletter で海外に発信しました。

 

平成29年4月24日 「史実を世界に発信する会」茂木弘道拝

http://hassin.org

 

The Greater East Asian War: How Japan Changed The World

By Kase Hideaki

(Published by KK Bestseller in Japanese, 2015)

 

   The Greater East Asian War (the so-called Pacific War) is generally perceived as Japan’s “war of aggression”.

   Mr. Kase, Chairman of Society for the Dissemination of Historical Fact, presents in this book a completely different, diametrically opposite view—that the war broke down the long entrenched Western global colonial system and played a key role in promoting racial equality around the world.

   The usual, knee-jerk “revisionist” label will be cast concerning this point of view. The term “revisionist” has been frequently used by Marxists. German SDP reformist Eduard Bernstein was accused of being a “revisionist” by orthodox Marxists—with their doctrine entirely collapsing with the fall of the Soviet Union. It is bizarre that “revisionist,” a dogmatic, Marxist term, is still used today to label non-orthodox historical views.

   The 31st President of the US, Herbert Hoover, wrote a great work over a period of 20 years, Freedom Betrayed (Hoover Institution Press, Stanford University, 2011). In this book, Hoover stated: “I said that the whole Japanese war was a madman’s [FDR] desire to get into war. He [General MacArthur] agreed.” (p. 833) So should former US President Hoover be accused of being a “revisionist”?

“Revisionist” or not, he nonetheless corrects the outrageously distorted prevailing historical view. The “revisionist” historian is a methodical historian.

   This is English translation of Mr. Kase’s book 「大東亜戦争で日本はいかに世界を変えたか」(Daitoa-sensou de Nihon ha ikani Sekai wo kaetaka published in Japanese by KK Bestseller in 2015.

     

  URL: http://www.sdh-fact.com/book-article/939/

  PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/The-Greater-East-Asian-War-by-Kase.pdf

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

石川遼とUSツアー 234 炎の進撃  バレロテキサス オープン まずシードへの前進!!!

2017-04-21 | 危うい日本のゴルフの世界

      

バレロ テキサスオープンは、マイケルリードの選手の地元である。

遼の進軍!!!予選カットは、イーブンパーまでだろう。

遼は、2アンダーで現在、36位でプレー中である。遼、頑張れ!!

サン アントニオ 現地には、日本の在留した軍人が多く、日本びいきの人たちが、遼を応援する。

遼は、果敢に第一ゲームを戦い、激しいツアーの常連となりながら、まず、予選突破をねっらている。攻撃的ゴルフは、アメリカ的で人気がある。遼のゴルフを巷では、危惧する傾向がみられるが、確実に引き出しの中身が増えて、遼のゴルフに鋭さを増したいるのは事実だ。期待の星、デシャンボーとストーングスと予選のペアリングで、300ヤードドライブの競演でもある。デシャンボーにとっても、バレロテキサスオープンは、今後を占う大事な局面を迎えるゲームである。遼は、シード権を確立するために、残り少ないゲームを落としてはならない。でも、逃げたりはしない。ボギーが出ても、その分、バーデイをとれば、いいという感覚が、攻めのゴルフの骨頂である。2日目が始まる。しっかり、見届けよう。応援メセージが、遼を力づけるのは、言うまでもない。

現在トップを6アンダーで走る南アのブレンデングレース

Grace continues to improve at Valero Texas Open

photo;PGAtour .ValeroTXSOpen/HQ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加