PATEX HUNTER

マルクス経済学の視点で、「パテック・フィリップ」と「ロレックス」の世界を中立的私見で、社会科学的に分析しています。

未使用、デッドストックっていいですね。

2011-11-27 | 日記・エッセイ・コラム

1126

この金無垢クォーツを未使用で入手したわけですが(とりあえず先日、日ロレから戻ったばかりですが)、パテックよりもロレックスの〝未使用、デッドストック〟っていいですよね。感覚的に体というよりも脳が震えるというか、シビレルというか。身体には悪そうですが、心理的にはすごい特効薬ですが非常に高価。でも狭心症には注意です。

今晩はこれ着けてもうそろそろ寝ますが、先日ニューヨークの在留邦人より大量の当地不動産物件リストが送付されてきました。イイモノはそれほど安くはないのにマーケットに出た途端に即殺されてソールドアウトになってしまう。アンティークロレックスやパテックに通じるものがあります。

そういえば話は変わりますが、昨晩知人のヤクニンから面白いお話を聞きました。彼曰く、東北大震災で企業が職工や職人、労働者を集めようとしても中々集まらない。なぜかというと被災者に手厚い資金が流れているからどうも労働に繋がらないのだ、ということでした。簡単に言いましたけど。いつから日本は〝流れ〟を読めなくなったのでしょうか。明治黎明期のあの経済政策、産業勃興の施策など先人の労苦を勉強もせず安易にゲームの結果だけを求めるゲーマーのような気の短さ。保険会社のCMでネコとアヒルが言っているようにお金は大事なんですけど。

柱のしっかりしていない建物はどんなに上物が良くても乗せれば乗せるだけ耐久力がそもそも無いのだからだめになる。チャート式ハウツー本ばかり呼んで旧帝大出てもしょうもない。学歴バカでもハングリーにやっている男たちを見習うべきでしょう。

もっとお話したいのではありますが、今日も朝から仕事でしたので寝させてください(笑)50分程前にパチリ。

11262


この記事をはてなブックマークに追加

GINZA×19018N(A)

2011-11-25 | 日記・エッセイ・コラム

Photo

なんだかピッタリのような気がする。このネオンとダイヤの輝き。そしてバニーガールとイエローゴールドのデイデイト。

相性はバッチリだね。

ちょっと行って来くるね。

ではまた。

Photo_2


この記事をはてなブックマークに追加

PATEK PHILIPPEの腕時計革ベルト交換について。

2011-11-20 | パテック・フィリップ

Ppcwt

私のブログをご覧の方々はその筋のヲタでありましょうから、標記についてトヤカク私が説明する必要もないでしょうけど、先日、数年ぶりにPATEK PHILIPPEの腕時計の革ベルト交換をしようと思いましたところ、ケースと革ベルトがピッタリとついていて(私の個体に限ったことではありませんが)、これがバネ棒外しを駆使しても容易に外せず、マイナスドライバーを当てても取れやしないのであります。困って数日放置し、日比谷線内でぼんやりとこのことを思い出していますと、以前3998カラトラバの時と同様のことが思い出され、帰宅するや否やバネ棒外しの先端で革ベルトとバネ棒の隙間を突っつくとなんでもなかったかのように外せました。

金無垢なのでこのことを知らないで無理にやると手が滑ってケースをガリッとやってしまうかもしれませんので、PATEK PHILIPPEの腕時計の革ベルト用にはいくつかの形状のバネ棒がありますのでご注意ください(ワールドフォトプレス「バネ棒のかたち」『パテックフィリップ大図鑑』ワールド・ムック742、2008年、58頁。ちなみにこちらの編集発行人の今井氏は私の叔父のお友達と聞き及びました)。

メーカーでもこのことは説明しておくべきです。オーナーがすべてメーカーや和光や三越など技術者に依頼するとは限らないことですから。


この記事をはてなブックマークに追加

ノーチラス

2011-11-19 | うんちく・小ネタ

Ppc

「ノーチラス」。怪獣か恐竜のような名前。3700や5711が本来のメンズサイズであって3800はボーイズ(ミドル)サイズに位置します。でも3700はあの繊細な仕上げのベゼルやケース側面にダメージがあるものが多く、また付属品もアーカイブか修理明細しかないのであれば、5711をお薦めします。ただ12時バーの下位置から〝PATEK PHILIPPE〟までの距離が〝詰まっている〟、〝間延びしていない〟文字板の個体を選んだほうが、このモデルとしては一番カッコいいと思います。


この記事をはてなブックマークに追加

ロレックスに飽きると。

2011-11-12 | パテック・フィリップ

Ppcca

ロレックスに飽きると必ず、所有している数本のカラトラバを並べて、参考文献をパラパラと捲りながらひとり悦に入っている私。

一新時計から日貿のパテックフィリップジャパンになってから、かなり敷居が高くなり、正規品も買う価値は薄れ遠のいています。

日貿がロレックス以上のサービス精神に目覚めない限り、呆れるほど海外価格差のある正規パテックなんて買う気はありません。

むしろ、わが国を震災と挟撃して破滅に導いたこの超円高を利用して沈み行く日本とともにオークションでアンティークパテックを落札しまくるのも一興かと。


この記事をはてなブックマークに追加